2007/06/04

OH! Mt.Fuji.

先週土曜日から日曜日の夜かけて行ってきました「Mt.Fuji」。土曜朝のラジオ番組関連で連れていってもらったのだが、いやー凄かった。何度も見ている富士山なのに、何度見てもその姿形に「日本の美」を感じる。
(写真は山中湖にて夜19時頃の風景。)
何も富士山を見に行くのが今回の目的ではない。ここで6月3日行われたMt.富士ヒルクライムにDJとADが参加するので、その応援且つサポートスタッフとして参加した訳である。どのようなサポートかというと、バスフィッシングを楽しんだり、BBQに向けての買出し、二人がレース参加中はBBQで残った具材を翌日にちゃんと朝7時からBBQをやって消化する事。綺麗な人を捜したり、展示されている自転車を試乗したり。

・・・っはい・・・小生は・・・遊んでました。

このヒルクライムは富士スバルラインを北側(山梨県側)の麓から5合目までの25kmをひたすら自転車で登るレース。3回目の今回は、実に4000人もの参加者で凄い盛り上がりをみせた。たまに街で、尖ったヘルメットにカラフルなスパッツ、すね毛がつるつるの人がハンドルが「C」の字になっている自転車に乗っているのを見かけるでしょ。まさにあの祭典である。酸素も少なくなるし予想以上にキツいのだが、今年の完走率は98%。
写真は朝6時前で徐々に増えてくるレーサーの様子。


スポーツは見るよりヤルのが最高である。今回も、見ていたらどんなにつらくても実際に参加した方が面白さは100倍だったろうなと思う。やはりマゾなスポーツ【アメフト】なんかやっていると、たまに自分の体を追い込んでみたくなるのが不思議である。
写真をとるのがへたくそで、この熱気や富士山の壮大さが伝わらないかもしれないが、富士山は近いのだ。いけばいいと思う。(未だ一度も登った事が無い)

0 件のコメント: