2007/06/21

世界遺産検定受験

先週の日曜日 早稲田大学校舎に「世界遺産検定」を受けに行ってきた。1年前に第1回が実施されて今か今かと待ち望んでいた今回2回目の検定試験実施。

勉強する内容と言えばこんな感じ
・世界860以上もの世界遺産の概要と特徴
・日本の世界遺産暫定リストの概要
・世界にある31の危機遺産
・2006年登録された世界遺産 などなど。

勉強は全然苦じゃなかった。世界を旅しているようなものだから。

試験時間は1時間20分 問題数は90問。80%とればシルバー 60%でブロンズの認定がもらえる訳である。今後はゴールド、プラチナといった地域に特化した知識を深めていくテストが行われマイスターになると色々と世界遺産アカデミー主催の勉強会講師からはじまり、現地レポート等もあるとか。ワクワクもんです。でも、それまでの道のりは長い。

この試験は、解答用紙だけ回収され問題用紙は持ち帰る事ができる。つまり、答え合わせがすぐ出来るので、通達を待たずに結果がある程度分かる訳である。試験終了後の答え合わせの結果は・・・・

90問中 65問正解! 72%の正解で見事「ブロンズ」GET!

80分も時間があると、回答済みの所を何度も見ているうちに、「あ!これ4だ!」とか考え直す訳ですね。1から4に直したり、3から1にしてみたり。結果答えは最初に選んだものだったり。これだけで5問は間違た。

ではその問題の中から一問を皆さんへ:
以下で2007年日本の世界遺産暫定リストにのらなかったのはどこでしょう?
1.小笠原諸島 
2.長崎の教会群とキリスト教遺跡群
3.富岡製紙工場と関連する産業遺産
4.沖縄諸島

答えはgoogleで『日本の暫定リスト」で検索してみてください! 日本を知ろう!

3 件のコメント:

Kenji さんのコメント...

こだまさん

ご無沙汰です。グースです。こだまさんにはドミノの方がわかるでしょうか。。

>日本を知ろう!
まじそうですよね。今出張でアメリカにいるんですが、生まれた国の、自分の国のこと、バッググランドをしらないで、何が海外かってつくづく痛感してます。しかし面白い検定があるんですね~

たけだ さんのコメント...

武田です。ご無沙汰です。
正解してしまいました。たまたまはずれを知ってましたよ
先日、石垣島に行ったときに、沖縄を世界遺産にしようとしているが、無理っぽいと島人がいっていたのを思い出しました。

スペインとかイタリアとか行きたくならないっすか?

KODAMAN さんのコメント...

グースさん コメントありがとう。
海外に行くと、そういう「気づき」があって
日本が新鮮に感じるから楽しいよね。ちなみに東京はあんなに小さいのに日本の人口の約9%が住んでいるとか知ると、どこに行っても人が多い理由がわかる気がしますね。って
アメリカはどこにいるの? ボストンだっけ?

たけださん コメントありがとうございます。沖縄諸島 正解です! さすが! スペインなら北部にいきたい。でも今一番いきたいのはギリシャだなー。ポーランドはだめだ。大量殺戮が行われただけに、怖い目にあいそうだ。