2007/06/09

嘗ての自分が元気づける

昨日の日記の冒頭に「2003年から書いている」と書いた。その後、ちょいと気になって嘗て留学したばかりの日記を読み返してみた。

環境が違うから等という理由はどうでもよくて、当時の自分のバイタリティや”なんとかなるさ的思考”そしてポジティブさが凄くまぶしく、「Oh! 俺にもこんな時期があったのかー」と思える。そして、なんだか熱いものがメラメラと燃えてくるのを感じる。

その頃の僕は・・・エネルギー値は高かったが、やはり同じように不安な毎日で、昔陸上競技で都の新記録を出すために各地の大会に参戦した負けず嫌いの自分や、辛いアメフトの合宿での日々などを思い返して、あの頃凄い元気で燃えていたんだから、今も燃えるんだ!!と思った記憶がある。

そう考えると、きっと悔いの無い行動をしていれば、5年経ち10年経った時、(何をしているか分からないけど)その頃の自分は今の自分を見てきっと勇気づけられるのだろう。未来の自分に対してのエールだと思えば、日記を書くのがもっと楽しくなった今日であった。

0 件のコメント: