2007/06/30

お仕事の話+歯

水曜日から新しい仕事にチャレンジしています。



これは、現在僕もプランニングメンバーとして参加している経済産業省と総務省の共同プロジェクト「Venture BEAT Project」の新企画。
このプロジェクトに参加している大企業、ベンチャー、投資家の皆さん(BEAT MASTERと呼ばれるにインタビューをして元気をもらおう!”というコンセプトの元にはじまったもの。インターネットのITに関する情報を扱うメディア「C-NET」の中で、一つのコーナーとして近いうち始まる予定。

水曜日はこのインタビュー第一弾。携帯コンテンツ制作の代表的な会社において 新規事業推進の役員をされている方にお話を伺った。なんとインタビュー時間は3時間。その内容は、途中感動して涙するほどであった。この記事に元気を積み込めてネットから配信できたらどれだけすばらしいだろうと思う。

仕事の話から自分の体の話へ話題を移そう。月曜日から「親知らず歯の激痛」に悩まされていた。あご痛いし、食べ物が美味しく食べられない。「っこりゃー 我慢ならねぇ!」ってなもんで、4年ぶりに歯医者へ。さくっと親知らず抜いてきました。 滅茶苦茶痛かったけど、これまでの痛みよりは楽な感じ。何でこんな歯があるんだろう。

2007/06/28

多謝

皆様コメント有り難うございました。またミクシィや直接メッセージも頂戴し重ねて御礼申し上げます。

祝ってもらうのってこんなにも嬉しいことなんですねー。エネルギーを皆さんから貰いました。

メッセージ頂いた方には直接メールさせていただきます。

考えればここ五年間引越しばかりで定まった場所に住むという事が無かったのでワクワクしながらも実感がありません。アメリカ、スペインそして熱海に東京と自分の荷物が点在していたので。

大地に根を張るとまた違う景色が見えるのでしょう。新たな冒険が始まる予感。ワクワク。

2007/06/25

新しい世界

契約関係無事終了し引越しが場所決定しました。
7月半ばからは「西小山」での新しい生活が始まります。西小山は東洋一長いアーケードを持つ武蔵小山の隣です。駅から3分の場所に新居を構えて新しい生活が始まります。

新しい生活といえば、もう一点ご報告。

このブログをごらんになっていれば、5月以降のキーワードで「祝辞」と「引越し」があったのが記憶に新しいのでは。そして僕も今よりももっと頑張らなければとくば・・・・・・・・ そう そうなんです、

結婚することになりました!


いやーめでたい!めでたい! この世に生をうけ32年。おいらこのまま一人ぼっちかと悩んだことも生涯累計12分30秒位はあります。声の仕事ではまだまだ「食っていける!」とはなっていないこの状況ながら、そんな僕をお婿さんとして認めてくれる女性。素敵ですね!

ということで、入籍は2007年7月7日。 
結婚式とPARTYは10月を予定しております。

「一人の口では食っていけなくても、二人の口ならなんとかなる」
と昔からいわれているそうです。
いずれは大家族になっても、食っていけるように今は一所懸命水面下で足をバタつかせて頑張ります。

写真は世の中にこんな飲み物があっていいのか? カレーラムネ。
カレーせんべいの味です。

2007/06/21

世界遺産検定受験

先週の日曜日 早稲田大学校舎に「世界遺産検定」を受けに行ってきた。1年前に第1回が実施されて今か今かと待ち望んでいた今回2回目の検定試験実施。

勉強する内容と言えばこんな感じ
・世界860以上もの世界遺産の概要と特徴
・日本の世界遺産暫定リストの概要
・世界にある31の危機遺産
・2006年登録された世界遺産 などなど。

勉強は全然苦じゃなかった。世界を旅しているようなものだから。

試験時間は1時間20分 問題数は90問。80%とればシルバー 60%でブロンズの認定がもらえる訳である。今後はゴールド、プラチナといった地域に特化した知識を深めていくテストが行われマイスターになると色々と世界遺産アカデミー主催の勉強会講師からはじまり、現地レポート等もあるとか。ワクワクもんです。でも、それまでの道のりは長い。

この試験は、解答用紙だけ回収され問題用紙は持ち帰る事ができる。つまり、答え合わせがすぐ出来るので、通達を待たずに結果がある程度分かる訳である。試験終了後の答え合わせの結果は・・・・

90問中 65問正解! 72%の正解で見事「ブロンズ」GET!

80分も時間があると、回答済みの所を何度も見ているうちに、「あ!これ4だ!」とか考え直す訳ですね。1から4に直したり、3から1にしてみたり。結果答えは最初に選んだものだったり。これだけで5問は間違た。

ではその問題の中から一問を皆さんへ:
以下で2007年日本の世界遺産暫定リストにのらなかったのはどこでしょう?
1.小笠原諸島 
2.長崎の教会群とキリスト教遺跡群
3.富岡製紙工場と関連する産業遺産
4.沖縄諸島

答えはgoogleで『日本の暫定リスト」で検索してみてください! 日本を知ろう!

2007/06/18

結婚式二次会でのハプニング

土曜日は友人の結婚式出席の後、二次会の司会。この結婚式はすごかったなぁ。披露宴の出席者は260人。中には、IBMの元社長に、僕がお世話になった佐伯さん(IBM元副社長にしてナスダックの社長でもあった)、衆議院議員などそうそうたるメンバー。参加した人が凄いと言いたい訳ではなく、これだけの方々に集まってもらえる友人の人柄が凄いと思った。

二次会は、30分押しでスタート。時間が押す程どれだけ時間内に良い流れを作れるかが司会の腕の見せ所でありこっちも腕が鳴る。・・・・そしてハプニングはおこった。

僕:これ終わったらブーケプルやるよ!
アシスタント:はい! ブーケプル準備できてます!
僕:OK! んじゃこのまま続いていっちゃうよ!

・・・・・数分後・・・・・

僕: ではここからは新婦から女性陣へのブーケプルでございまーす!女性陣どうぞ前へ!
ア:(児玉さん!児玉さん!)
僕: ん? どしたの? はやく紐をみんなに渡しちゃってよ
ア:(いや 紐はあるんですが、、、ブーケがないんです。)
僕:(なにー! どこにあんの?持ってきて早くくっつけろ!)
ア:(はい! 今受付の方にあると思うんで持って来ます!)

・・・・(小話で場を繋ぎつつ30秒後)・・・・

ア:もってきました!!! 
僕:よし!早くつけて皆にくばれ!!いそげ!

・・・(・小話で場を繋ぎつつ30秒後)・・・・

僕: さて皆様。長らくお待たせいたしました。ブーケプルの時間です!!!・・・・
僕: (どうしたんだ!? 皆待っているから早く配ってくれ!)
ア: (ーいやそれが。これブーケじゃないみたいで。)
僕: (どれ?) って おい! それ鉢植えだろ!紐つけるばしょ無いじゃん?!

彼が持ってきたのは、ブーケではなく、四角い鉢植えだった。。。How come?

今となってはそれも良い思い出。無事23時15分に完全撤収を迎えた。130人の参加者がいたにもかかわらず、多くの人々の助けでうまく行ったと思う。

ー 翌日新郎から電話がはいった
二次会の途中から記憶無くて、部屋には車いすで運ばれて、医者をよんでもらったよ。点滴うって先ほど復活しました! 

・・・新婚初夜に急性アルコール中毒で倒れる僕の友人 Mr.Tomitaに栄光あれ!

2007/06/15

極旨カフェ

カフェブームが始まって数年。スタバが来てからというもの、エスプレッソ仕立ての濃い味珈琲が何となく普通の珈琲に取って代わっているようである。そして結構な値段のサンドウィッチ。おいおいこれで500円はぼったくりだろ!という価格設定もある。

街を歩けば至る所にあるカフェの中に僕のお気に入りのお店がある。それが「ドトール」。エクセシオールカフェも系列店だが、ドトールが最高!

ブラジル人の友人に言わせれば、世界で収穫される珈琲豆の上質な部分を根こそぎ買っているのが日本だそうだ。本当かどうか分からないが、その友人はブラジルで珈琲とバナナを育てていて自社ブランドの豆もある。一部は、スタバ等のブレンドにも含まれているそうだ。

話を「ドトール」に戻そう。ここの何が僕を魅了しているのか?それは・・・

「スモークチキンベーグル」!!!!ドーーン!


登場したばかりらしいが、先日一口食べて「これ死ぬな!」と思った。久々に美味すぎてショック死である。スモークサーモンのベーグルだと、正直味はいいが食感が足りないのだが、こいつはツナのような食感で口説きにかかる。不思議な事にこのドトール。街を歩いていれば至る所で見かけるのだが、このベーグル食べたさに探してみると中々周辺に見つからない。これは判子を売っているお店は普段見かけるが、判子買おうと思う時に中々見つからないのと似ている。渋谷の109前で立ち止まり、ギャルの隣でわざわざ携帯でドトールを探す僕。

ふとドトールにはいる事があれば一度ご賞味あれ! スモークチキンベーグルに脱帽。

2007/06/13

WHAO!世界遺産検定

お勉強は苦手です。記憶力は良くても、どう勉強すればいいのかわかりませぬ。
なんたって今週末は友人の結婚式に参加して、二次会で司会。そんでもって、翌日がタイトルの世界遺産検定の試験があります。

はい!趣味です。スペインの街を歩き至る所にある世界遺産に心を打たれてから、世界遺産に興味が湧いたんです。世界に散らばる数百の世界遺産。ユネスコが定める訳ですが、中には危機遺産もあります。

アンコールワット遺跡って危機遺産だと思っている人多いのではないでしょうか?今はそうではありません。メジャーな危機遺産といえば、エルサレムの旧市街と城壁があります。これなんと1982年から危機なんです。その理由は・・・都市化。なんという事でしょうか?嘆きの壁が嘆く理由が分かりますね。まだ危機ではありませんが、広島の原爆ドームの周辺も高層ビルやマンションが建ち始め景観を壊すという理由から危ういという現状も知りました。

この勉強をしていると「なるほど!The world!」と思う事が多々あります。例えば、日本とイースター島のモアイの関係。倒れていた沢山のモアイ像を救ったのは、日本の建設会社。彼らがあちらで3年の月日をかけて起こしたんだそうです。感動です。モアイと日本は地球の裏表の位置にありながら繋がっているんですよ!

検定に受かる受からないは時の運。だって興味ある所の内容しか頭に入らないから。。
時間があればNHKの世界遺産のサイト見てみてください。すっごい楽しい!
http://www.nhk.or.jp/sekaiisan/card/library.html

2007/06/09

嘗ての自分が元気づける

昨日の日記の冒頭に「2003年から書いている」と書いた。その後、ちょいと気になって嘗て留学したばかりの日記を読み返してみた。

環境が違うから等という理由はどうでもよくて、当時の自分のバイタリティや”なんとかなるさ的思考”そしてポジティブさが凄くまぶしく、「Oh! 俺にもこんな時期があったのかー」と思える。そして、なんだか熱いものがメラメラと燃えてくるのを感じる。

その頃の僕は・・・エネルギー値は高かったが、やはり同じように不安な毎日で、昔陸上競技で都の新記録を出すために各地の大会に参戦した負けず嫌いの自分や、辛いアメフトの合宿での日々などを思い返して、あの頃凄い元気で燃えていたんだから、今も燃えるんだ!!と思った記憶がある。

そう考えると、きっと悔いの無い行動をしていれば、5年経ち10年経った時、(何をしているか分からないけど)その頃の自分は今の自分を見てきっと勇気づけられるのだろう。未来の自分に対してのエールだと思えば、日記を書くのがもっと楽しくなった今日であった。

2007/06/08

ヒーローインタビュー

ちょっと私事ではありますが、これは2003年から続く僕の日記だから、日記として書いておこうと思う。

あの早稲田も出場する”全日本大学野球選手権”。この大会のヒーローインタビューをしないかと友人からの紹介でお話を頂いた。そのプロデューサーと打ち合わせをするべくお台場へ。

打ち合わせ時間3分。

先方から事前にもらっていた情報で12日ー14日の3日間であったが、別の仕事の関係で13日14日の2日間でのレポーターの話として当初進むはずだった。
実際に合って話を進めて行くうち(とはいえ、開始から1分だが)、12日から17日までという話になった。チャレンジしてみたい仕事ではあったが、さすがにこの段階で熱海の放送と横浜でのADの仕事を差し置いて、この仕事を優先は出来ないとの判断から、13日と14日+15日半日というスケジュールを回答し、結果今回の話は無しという事で双方が合意した。

そりゃー内心では、ハンカチ王子にもインタビューしてみたいし、今熱い大学野球を見るのも興味深い。やれるのなら120%の実力を出し切って次に結びつける自信もある。

でも、いまある仕事を一所懸命に頑張らずして、この先があるとは思えない。マネージャーがいたらどうハンドリングするか分からないが個人事業でやる以上は、自分の中で優先順位をつけて行かなければならない。これは、声の仕事だからという特別な感覚ではなくて、通常の仕事でも同じだろうと思う。仕事も「縁」と「努力」だ。後悔しなければ、それで良いと思う。

この仕事の話をくれたMr.Tomihisa いつもチャレンジの場を与えてくれて本当に有難う!スペイン語ならこうだ! Muchas gracias!

次いこう次!

2007/06/07

息子に貸すオーナー

人と出会うのが「縁」なら、部屋を見つけるのも「縁」。

今の所から、年数が建っていても、「和室」「洗面台」が着いている部屋を探している。先日、一日で6件程の物件を見て回り「ここだ!」という所を見つけた。古いが綺麗だし、おそらく子供も一緒に暮らしていたのだろう、部屋の中にある木枠に身長がどの位伸びたかをチェックする線が刻まれていた。因に僕は、高校一年生の時から刻む必要がなくなった。

あーここに決めた。ここの、あそこに、あれおいて、ここ俺の部屋で、、、等と妄想にふけりながら、ロト6が当たる以上に良いイメージトレーニングできたいた。早速申込書を不動産屋をやっている友人に送った。

すぐに連絡が入り一言: 「オーナーが息子に貸すんだってさ。」
僕:「・・・・・・はい?」

この場合、不動産屋及び管理会社は悪くない。だって、管理会社の人は、畳張り替え&クリーニングまで自分から言ってきてくれたのだから。問題はオーナーだ。

「おい!そこのオーナー 息子に貸すなら最初から物件として出すな!」

そもそも身内に貸すってどういう事だ?と思いながら、自分の友人が身内から借りてアパートに住んでいた事を思い出し、「あーそりゃ便利だ。」と納得。

物件探しは振り出しへ。部屋探しは「縁」であると思う反面、時間との勝負だし、家賃も間取りも上みたら切りがないし、中々にむずがゆい ではなくて むずかしい。

2007/06/04

OH! Mt.Fuji.

先週土曜日から日曜日の夜かけて行ってきました「Mt.Fuji」。土曜朝のラジオ番組関連で連れていってもらったのだが、いやー凄かった。何度も見ている富士山なのに、何度見てもその姿形に「日本の美」を感じる。
(写真は山中湖にて夜19時頃の風景。)
何も富士山を見に行くのが今回の目的ではない。ここで6月3日行われたMt.富士ヒルクライムにDJとADが参加するので、その応援且つサポートスタッフとして参加した訳である。どのようなサポートかというと、バスフィッシングを楽しんだり、BBQに向けての買出し、二人がレース参加中はBBQで残った具材を翌日にちゃんと朝7時からBBQをやって消化する事。綺麗な人を捜したり、展示されている自転車を試乗したり。

・・・っはい・・・小生は・・・遊んでました。

このヒルクライムは富士スバルラインを北側(山梨県側)の麓から5合目までの25kmをひたすら自転車で登るレース。3回目の今回は、実に4000人もの参加者で凄い盛り上がりをみせた。たまに街で、尖ったヘルメットにカラフルなスパッツ、すね毛がつるつるの人がハンドルが「C」の字になっている自転車に乗っているのを見かけるでしょ。まさにあの祭典である。酸素も少なくなるし予想以上にキツいのだが、今年の完走率は98%。
写真は朝6時前で徐々に増えてくるレーサーの様子。


スポーツは見るよりヤルのが最高である。今回も、見ていたらどんなにつらくても実際に参加した方が面白さは100倍だったろうなと思う。やはりマゾなスポーツ【アメフト】なんかやっていると、たまに自分の体を追い込んでみたくなるのが不思議である。
写真をとるのがへたくそで、この熱気や富士山の壮大さが伝わらないかもしれないが、富士山は近いのだ。いけばいいと思う。(未だ一度も登った事が無い)

2007/06/01

MANIA COBA

"COBA"と聞いてあの人ねと分かる人はどのくらいいるだろうか? テレビ番組「おしゃれカンケイ」の手紙の場面で流れるあの音楽の奏者といえば多くの人が分かるはず。

そのCOBAのライブに本日行ってきた。雑談の中で、好きなアーティストは?という話になると、僕の頭の中にはCOBAか宮沢和史(The BOOM)が真っ先に浮かぶ。イタリアでアコーディオンを学び、現在世界で活躍している彼のライフスタイルも憧れである。これは彼のPROFILE http://www.jvcmusic.co.jp/coba/profile/index.html 海外で活躍する日本人というと映画や野球などが新聞紙面を騒がしているが、マイナースポーツや音楽の領域でも素晴らしい人は沢山いる。

—–5年程前、初めて行った彼のライブは衝撃だった。まず最初に一言「前の席にいる招待券でお越しの皆様ぁー、お疲れさまです。そして奥の席の皆様ぁー。わざわざチケット買ってお越し下さり誠に有難うございます。」と笑いをとり、ライブも涙する程の素晴らしい演奏だった。そして二回のアンコールが終わって、ホールの出口を出ると、そこにCOBAがいた。つい先ほどまで後部から見ていた皆が、今は彼に1mの距離、最前列でCOBAの生演奏を聴いている。プロモも兼ねてのこのパフォーマンスだが、これで益々嵌ってしまった。

それから5年。中々行くチャンスの無かったライブ。しかもソロライブ。今回のCOBAは一言もしゃべらなかったが、その分2時間強もがっつり演奏。最初の1時間はぶっ続け&譜面無しで(というよりも、その場で作曲という大冒険なのであった)。後半は有名な曲を連発。途中気がついたら涙してしまうという、あっという間の2時間であった。
アコーディオンの奏でる音色って素敵だね。右と左で全然違う楽器みたいだから、たった一つの楽器を演奏しているとは思えない。

ライブを見てこんなに興奮したのは、サンフランシスコのCDショップでU2の偽物と気づかずに「まじかよー!U2のミニライブ聞けちゃうのかよ!?」と聞き惚れていた以来の事。「誰々のファンでライブは欠かさず行ってます!」という人の気持ちが少し分かった一日だった。

今宵も洗濯物はびちょぬれ、、、、