2007/04/11

池波の世界

先日から池波正太郎の「剣客商売」シリーズを読んでいる。
秋山親子の人情味あふれる立ち回りと池波正太郎の世界に欠かせない「食べ物」。
そして、季節感。今読んでいる第5巻では、季節は梅雨である。

池波小説との出会いは、「真田太平記」である。これは泣いた。この感動は、母親に伝染し、アメフトの先輩にも伝染して結果皆大泣きであった。男臭い内容と思いきや、主人公はくのいちであるから、男女関係なく簡単にその世界に入って行けると思う。

そして、鬼平。ドラマも相当良いけど小説も味がある。

いまは、剣客商売。ドラマ観てないけど良かったのかなぁ。しかし、昔の人というのは、当然車も電車も無い時代だけに相当歩いたんだろうなと思う。

1 件のコメント:

ちばやま さんのコメント...

時代劇の話題なので思わず書き込んでしまいました。^^;

フジTVの「剣客商売」も池波テイストが発揮されていて個人的には面白かったと思います。
ただ、小説のファンからは藤田まことさんと秋山小兵衛のイメージが被らない、とか言われていましたけど・・・。
途中からメインキャストが入れ替わったのも若干微妙でした。
大治郎:渡部篤郎→山口馬木也は、まぁ有りかな~という感じですが、
三冬:大路恵美→寺島しのぶ・・・、これはちょっといただけなかったです。
演技はいいんですけどね・・・。

と、偉そうに語る僕は原作は2巻までしか読んでませんけど。