2007/03/15

ただ号泣したくて・・・

時には涙を思いっきり流したいと思う時が人にはある。14日水曜日は天気がいいにもかかわらず、感動する映画を見たいと思った。感動して思いっきりぐすんぐすんしたい!という気持ち。そんないつもとは違う気持ちで選んだ映画が銀座のプランタン横の東映系映画館で上映されている

「One Piece エピソード オブ アラバスタ」。

アニメです。テレビでも放映されています。週間少年ジャンプにも連載されています。

でも子供向けアニメだかと舐めてはいけません。このアニメは、動画サイト「You Tube」にも日々アップされ、海外の少年・少女そして大人まで幅広いファンがいる海賊の物語で結構奥が深いのです。
果たしてその内容とは・・・・

号泣。しかも最初の10分で。「やば!アニメで泣いてしまった。」と思ってちょっと横を見たら、年頃は僕と同じくらいの女性も眼鏡を上にあげて号泣。最後の方なんて、かっこよくて熱くて「よっ!中村屋!」と叫ぶ位の主役登場に感激の涙。恋愛モノでほとんど泣かない僕ですが、人情モノ・友情モノでは毎回泣かされる。終わって出てくる頃はかなりスッキリして、バレンタインのお返しにと「四葉のクローバー」の鉢を買って帰った。今日のこの感動は「キン肉マン好き!」には絶対分かると思うずら。うららー
んでもって泣きたかった理由? それは、、、、明日へのステップアップのためにです!

3 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

くれよんしんちゃん
大人帝国の逆襲もええっすよ!!!

あぶ

いそっぷ さんのコメント...

くれよんしんちゃんのシロも泣きます!

KODAMAN さんのコメント...

へぇー。ドラえもんだって、映画版はかなり泣けるよね。アニメも映画になるといい話多いんだよなぁ。クレヨンしんちゃん観てみます。