2006/12/28

情熱のPARTY2006

この題名をつけたのは僕。このPARTYは、元気なベンチャー企業や志の高いキャピタリストの皆様、そして大企業でベンチャー企業との協業をする方々が一堂に会する。普段なら名刺交換でビジネスの匂いプンプンになりがちな面子ではあるが、基本は「おー!久々!」「今年もお疲れ様!」「最近何やってんの?」的柔らかいグダグダ感いっぱいの集まりなのである。

とはいえ、今年の会場は大箱。例年のように突如カラオケが始まり、主催者であるK氏と僕に似たK氏の二人が魅力的なパンツ一丁(誰に魅力的かは不明)で激しいダンスを踊るだけではさすがにまずいのではないか? 課題に直面する。 
さらには、参加してくれるであろう人々はお陰様で120人。。。どうしよう。。。。。

そこで、11月から六本木ヒルズ49階でほぼ毎週のダンスレッスン。しかも、今年はS氏も加わり3人のトリオとなり、タップダンスとサンバを盛り込んでみた。でもやっぱり最後はパンツ一丁。1年で脱ぐのはこの日だけなので、主催者側も自ずと気合が入る。ドンキホーテに買出しに行くと、加藤鷹プロデュースの下着にまで手を伸ばそうとする人がいたりと、「比較的下品だけど見れるショー」と「超お下劣ショー」のギリギリの狭間で心は揺れ動くのである。

終わってみれば、「今年も脱いじゃいました。合掌」である。皆さんの笑顔が見れたのが、嬉しい限りである。一方で5年前は10人だった年末の集まりが5年後にして膨らみ過ぎた感もある。個人的に個別にじっくり話し合う時間が少しも無かった。だからからか、反省会では早くも来年の仕掛けをどうするかの議題が持ち上がる。「来年はもう少し小さい箱でギュウギュウに詰めてやりたいなぁ」 完全隔離の屋形船でもいいなぁ。でも船だと行き着く先は寒中水泳だしなぁ。体脂肪9%だし寒いよなぁ。

一年の締めくくりの会としては、最低にして最高だから、ここで一句詠む。

”冬だけど 魅せたよ母ちゃん 薔薇パンツ 100人いても 大丈夫!”  字余り

そのダンスを見たある方から「浅草サンバカーニバル参加チーム」へスカウトされました。本気かな?  いっとく?

1 件のコメント:

もうひとりのK さんのコメント...

素晴らしいタップとトークそして盛り上げをありがとう!