2006/12/25

24日の墓参り

毎年この時期は、クリスマスというよりも10年以上も前にタイ旅行中に海で命を落とした友人のお墓参りがある。滅多に揃わない中学、高校時代からの遊び仲間が一年に一度集まる会として、またその友人のお母様、お兄さんと食卓を囲みご飯を食べる会として恒例行事となっている。

今年は24日の日曜日。過去に関してはあまり考えない方であるが、この時だけは、当時を振り返って友人を偲び、寂しい気持ちになりながらも、生きていたらもう31歳になるであろうその友人を囲んで皆と会話をする。珍しく酒も飲む。大体酔って一人寝てしまう。。。

当時この友人の家は、僕が住んでいた世田谷の家のすぐ近くにあった。そして今、彼のお墓の後ろ側には僕の祖父のお墓がある。これも不思議な縁だと思う。

2 件のコメント:

よっちゃん さんのコメント...

そうそう、毎年誰か酔って寝ちゃうんだよ。
今年は俺でした。
たんたかたん一本呑んだら気持ちよくなってね。
毎年面白い一日だよね、全員の成長や変化が微妙にあったりして、そんなことの確認だったり、昔のバカ話や思い出話の解禁日みたいなね。
あいつも、31になる年だなんて時は常に動いているね。

KODAMAN さんのコメント...

よっちゃん コメント有難う。あなたの横で僕もたんたかたんを少し呑んで撃沈。