2006/10/31

「シカト」で気づく自分

小学生同士のいじめが問題になっている。体罰やイビリよりも一番キツイのは無視ではないだろうか?とも思わせる手記がある。これはそんな人の話だ。

小学校4年生になって毎日 口ゲンカや小競り合いばかりを繰り返していたA君。雨が降り体調も優れなかったために、ある日欠席をした。翌日学校に行ってみると、いつも遊んでいるグループの仲間が口を聞いてくれない。少し会話する生徒もいるがソレはいつものメンバーではなく、クラスの1生徒であるのだ。

何があったのだろうか? 

数日しても何も答えは得られない。なぜなら誰も口には出さないからだ。しかし、明らかに雰囲気がおかしいのである。A君は悩んだ末 「こども電話相談室」に電話をかけた。知識も教養もある”大人”が丁寧に相談に乗ってくれる便利な相談室である。 
一通りの話をして相談者Bさんから帰ってきた答えは
-「原因がわからないから 先生に相談してみなさい」

A君はそこで思った
-「子供の話は子供で解決しないと何も始まらない・・・」「何か原因があるはずだ」 と。

そこで自分のコレまでを振り返る。1.直ぐフテる 2.人を傷つける言動 ETC...   最低だ。 

その状況になって見える部分というものがある。僕達大人は知らぬ間に”自分勝手”になっている場合が多々ある。子供は大人よりも物事をシンプルにとらえる事ができる。なぜなら知識も教養も経験も少ないから複雑に考えるないからである。 A君はその後何をしたか・・・・   ソレはまた後日暇な時にでも。