2006/10/31

「シカト」で気づく自分

小学生同士のいじめが問題になっている。体罰やイビリよりも一番キツイのは無視ではないだろうか?とも思わせる手記がある。これはそんな人の話だ。

小学校4年生になって毎日 口ゲンカや小競り合いばかりを繰り返していたA君。雨が降り体調も優れなかったために、ある日欠席をした。翌日学校に行ってみると、いつも遊んでいるグループの仲間が口を聞いてくれない。少し会話する生徒もいるがソレはいつものメンバーではなく、クラスの1生徒であるのだ。

何があったのだろうか? 

数日しても何も答えは得られない。なぜなら誰も口には出さないからだ。しかし、明らかに雰囲気がおかしいのである。A君は悩んだ末 「こども電話相談室」に電話をかけた。知識も教養もある”大人”が丁寧に相談に乗ってくれる便利な相談室である。 
一通りの話をして相談者Bさんから帰ってきた答えは
-「原因がわからないから 先生に相談してみなさい」

A君はそこで思った
-「子供の話は子供で解決しないと何も始まらない・・・」「何か原因があるはずだ」 と。

そこで自分のコレまでを振り返る。1.直ぐフテる 2.人を傷つける言動 ETC...   最低だ。 

その状況になって見える部分というものがある。僕達大人は知らぬ間に”自分勝手”になっている場合が多々ある。子供は大人よりも物事をシンプルにとらえる事ができる。なぜなら知識も教養も経験も少ないから複雑に考えるないからである。 A君はその後何をしたか・・・・   ソレはまた後日暇な時にでも。

2006/10/27

人はそれを「村八分」という

教師が子供にイジメを指示などといろいろ問題になっている。今じゃ大問題なのかもしれないが、僕はかつて小学校低学年の特に先生から「村八分」にされたことがある。そのルールはこうだ

1.トイレ以外は休み時間机から離れてはいけない
2.帰りは一人で帰らないといけない
3.誰とも会話してはいけない(会話した人も村八分となる)

これ以外にもあったけど忘れた。これだけを話せば物凄い問題である。しかし、これには理由がある。「村八分」になる以前、ある低学年の子がお花畑を荒らしていた。僕はそれを見つけて、辞めるように注意し、それでも聞かないので「ポカリ」と頭を殴ってしまったのである。すぐにお母さん登場で、理由を述べても聞く耳持たず結果「村八分」。

それから何週間もクラス中から「完全無視」である。帰りも一人。ちょうど祖父の一件もあり、子供たちは内容も知らずに僕を罵っていたような。家族には黙っておくつもりだったが、兄も一緒の学校だったこともあり何週間かあとに家族にばれてしまった。その後直ぐに村八分は解除された。
僕にとってはトラウマになっている部分もあるけどここから学んだ事も沢山ある。いい意味で性格に変化もあった。
言いたいことは「受け取り方次第」でいじめにも試練にもなると言うことだろうか。

2006/10/24

敗北からの壁を登る

わが人生は器用貧乏の気多々有りである。でも楽しい。

インディーズ映画の翻訳のお仕事に取り掛かっている。これは以前のダンス系番組の翻訳を終了した後に頂いた仕事で、日本ではB級映画となるのだろうか。内容は取り留めなくても結構ウケる。
さてその仕事を、アメフト翌日の日曜日の午前中取り掛かっていると、一本のメールが。ここ最近親しくさせていただいてる某企業のIR(インベスターリレーション)の担当者からであった。これから錦糸町のクライミングジムに来るから一緒にどうかという内容。先方の彼女さんも来られるという事で、仕事の話題よりもその他の趣味で話の会った人だから壁のぼりを観ながら談笑しようと怪我した足を引きづりながらクライミングジムへ。

中を覗くと、おぉーやってるやってる 「あそこにいるのが近藤さんだろ」(お誘いいただいた人の名前)その横にいるのが彼女さんか。

って あれっ?、、、んん? どこかで見たことあるような人だけど。。。。。

とりあえず中に入って挨拶をする。心の中で知人かなぁーと思いながら自己紹介をしてみると、相手も自己紹介。「どうも 児玉です」「どうも○○です」と聞こえてきた名前はやはり立教大時代の友人であった。その後は3人で談笑。世間は狭いなぁ。町を歩くと必ずどこかで知人に会う。世間は本当に狭い。

目の前にクライミングの壁を前に談笑していると、なんとなーく登りたくなる。それは、壁を登る事で、気持ちを登らせたいのかもしれないという勝手な思い込みと試合後の"アクティブレスト"動いて筋肉をほぐす事も狙いだったのである。そんな訳で、足も痛いし筋肉もつりまくる程疲労しているけど、壁登り。登って落ちて登って落ちて。足つってみたいな。

追伸)
近藤さんへ ほぐすどころか前より乳酸が溜まり疲労度マックスマーラーです。今日の筋肉痛は酷い。

2006/10/22

共通の目的意識がなせる事

珍しい事もあるもので、ここ数日間結構バッタバタ。スケジュールって不思議で、一週間の内にスケジュール可能な時間って結構あるのに、例えば木曜日の”この時間”になぜか集中してイベントが発生する。これは誰でもが経験することではないだろうか?先週は金曜日と木曜日がそんな感じ。これいい意味だけどね。

木曜日はIPO証券が終った後、[Beat Project]の先日のイベントの反省をかねたミーティング。経済産業省、総務省の方々との意見交換および次回への課題点の洗い出しはざっくばらんで次に繋がる打合せだったと思う。打合せをすることは数多あるけど「良い打合せだったなぁ」と思うものって中々無い。しかし、というよりも”やはり”だろうか "1つになってイベントを実施した事"が根本にあることそして、今後もこのBeat Projectを盛り上げたいという共通の思いが次に繋がる前向きな意見交換とするのである。

金曜日は、オーディオブック「姑獲鳥の夏」の収録。僕が収録するわけでは無いが、大変勉強になる。なによりも、DJのプロダクションの社長でありプロデューサーである方の側で、"学び"そして"発言"できる事、そして読み手の表現方法を現場で"吸収"出来る事は本当に価値ある。iTuneの「オーディオブック」でも2週間前は3位に入ったコンテンツである。良いものを作りたいと言う制作の気持ちを知らなければ、僕は読み手としてコンテンツの中に存在できないと思い、今は勉強するのみである。

翌日は昼から横浜スタジアムでアメフトの公式戦第3戦。いやぁ僕自身はかなり良い感じだったんだけど、でも結果は7-55というスコアで大敗。正直アメフトやってきた中で一番最悪のベンチワークだったなぁと反省。”楽しい”をキーワードにする事で、楽しめない時はこうもボロボロになってしまうものなのか。。。。
(僕自身は結構試合が楽しかっただけに、ファイナルスコアを見てビックリした) 

2006/10/17

動くイタ飯屋と本格マッサージ

僕の友人が9月から立ち上げた「PABLO」。コレは屋台の形を取るイタリア料理を出すお店。ここに先週末友人から呼び出された。気のおけない仲間たちとの少しも強がらず、話の展開等を全く考えないで良い素敵な集まりである。

30歳を過ぎてふと周りを見渡すと「個人事業主」が多いことに気づく。慶応さんの話を出すのは申し訳ないが、例えば、立教や暁星という学校には「自営」の家の息子が多いような気がする。一方慶応というと企業のお偉い方のご子息というイメージだろうか。統計的にどうかは別にして、僕の周りには実際に自営の息子が多い。だからなのだろう、今周りには、大企業で一所懸命頑張っている人もいるが、それ以上に個人で何とか面白い事をやりたいと独立する人も多いのである。親を見て息子は育つのであろうか。DNAがそうさせるのであろうか?

今宵の集まりは、そんな 音楽の分野で活動する男と、ベンチャーで頑張ってきた男と洋服ブランドを立ち上げた男そして僕の4人。男4人集まれば話の大部分は”シモの話”にいきがちであるが、今回はすごい大人の話。19歳と会話するのに、「19歳とどう話そうか?」「オレ1回り年齢が違う」と思った段階ですでにマイナスオーラが出ている! というような極めて学術的な視点からの分析TALKである。

それはそうと、翌日、先日行けなかったマッサージに行って来た。この1つ前の日記に登場してくる人気店の事で、後にでてくる風俗まがいのものではない。いやぁー久々に気持ちよかった。体のメンテナンスはしないとね。いまも、首には置き針が刺さっており、サイボーグ人間みたいである。

2006/10/13

マッサージ危機一髪

アメフトをやっている割には、まったくといって良いほど持久力がない。過去数度に渡る自動車での"もらい事故"。これらによって持病となってしまった後遺症である首痛は、1.疲労度マックスバリュー(熱海店最高!) 2.気圧が低い という二つの条件が重なることによりとてつもない異常を体にきたす。体の指令系統を司る脳みそからの電気信号は、この"首"を経由して各パートに行く訳で、ここの整備を怠ると、実は肉体的だけでなく、精神的にも異常をきたすのである。
と首痛からくる自律神経失調症経験者である"僕"は語る。

そこで、マッサージ。
先日IBM時代によくマッサージをしていただいたMr.Takanouchiの元へお昼にお邪魔した。場所は錦糸町。目的はマッサージをしてもらうため。IBMをやめててっきり治療室を開業したとばかり思っていたので、かなり軽装で気軽にお邪魔してしまった先は、転職先である某企業。企業の健康診断のアウトソースに関しては、日本で一番大きいという。そこで、お昼の休憩時間を利用し、さらに会議室を借りて施術をしていただいた。無理なお願いをしてしまったと後々後悔。

翌日夕方。首の疲労と痛みがやはり取れないため、改めて錦糸町の某有名なマッサージへ行こうとした。電話をするとさすがに有名店、20:30から30分の指圧コースのみという。今回はあきらめた。諦めて家に帰る道すがら、以前から気になる看板の前を通る。「タイ古式マッサージ」。女性も安心してどうぞという触れ込みに、「よし!アダルトじゃないな!」とエレベーターに乗り込んだ。4階のドアが開くとそこは、薄暗く受付も無い。まぁまぁ-奥に進みましょうかねと開いている扉を覗き込むと、施術室であろう奥の部屋は真っ暗で、手前のソファーにアジア系の女性が10人ほどいて会話をしている。とっ!その一人が気づかれ
「イラッシャマセー」といわれてしまった。僕には匂いで分かる!ここは、そうこここそは古式などとは銘打ってはいるが

「風俗じゃないか!!」   
と以前にもマッサージ違いで入ったとある店で普通に施術のみを受けて帰っただけなのに、カード偽造された経験者"僕"は語る。そして僕は帰路につく。

2006/10/11

新サービスを利用するということ

プロダクトが新しく市場に投入された時に飛びつく人は 「 Innovators 」 その後に続く人は 「 Early Adopters 」 などと言うけど、僕は「飲み物とアイスクリーム」「ネットのサービス関係」に関してだけは比較的"新し物好き"である。ある人に2003年に「これから日本にもブログが来るぞ!」と言われ、渡米と同時に米国のBloggerサービスを利用してみた。その時は、日本語対応がいまいちで、文字化けの連続であった。でも日本のサービスが無いので已む無く家族との連絡を目的に利用し始めた。いまでは、そのブログ自体がビジネスと深いかかわりを持つまでに到っているから驚き桃の木山椒の木である。ブリキにたぬきに洗濯機というのは、ヤッターマンシリーズ「ヤットデタマン」かなんかのキメ台詞である。もちろんこれは余談である。

ブログに関わらず米国にあるサービスをいろいろと利用していると、日本ではまだお目見えしてないサービスが多いので大変勉強になる反面、サポートやネット上にある情報が少ない分かなり「ドツボ」にハマる事も多い。そういえば、あの動画共有サービスの大御所「Youtube」が米国のGoogleに買収されたっけ。本文とは関係ないがこちらも驚きである。

今回僕の利用しているブログのBloggerサービスを提供しているGoogleが利用者から選択して提供し始めたの新サービスのベータ版(試験段階とでもいおうか)。5日ほど前にBlogをアップしようとサイトにログインしたら、べータ版のサービスを利用しませんかとオファーがあったので、ボタンを「ポチっ!」と押してみた。その結果が、サイト全部の「文字化け」である。なんとか悪戦苦闘の末、今日ほぼ完全な元の形に戻ったのである。

前置きが長くなった。。。今僕を悩ませるのが、源泉徴収だの扶養控除申告書だのといった個人事業主としての会計に関わる分野。何足ものスパイク(草鞋よりももっと前向き)を履いてしまい、自分自身に混乱をきたしている。会社法だJ-SOX法だ、それ以外にもなんだかんだと仕事面で勉強すべき事が沢山ある中で、個人事業主としてもちゃんと勉強しないとなぁ。今週こそLOTO6を当てて見せる!

2006/10/10

Sorry for this website

This website can't work sometimes, because I changed the template of this site a little bit. Before that, there was something wrong in this "Blogger" service in terms of showing. nhhhh,,, Google offered a new service....It is kinda troublesome.

If someone who can check this source knows how to solve this showing problem , pls help me out. I've already set the font of this website in Japanese....

Everytime I checked this website on Blogger.com, It showed in Japanese . However, afterI put the button of "UPDATE", It showed garbage characters which nobody knows what was written by me...Mendokusai....

いろいろ試したら直りました。ポイントは、文字のエンコードを、JISからUniversalにした事。

下町の賑わい

洋食屋が好きである。メンチカツ、エビフライ、ナポリタン、ビーフシチュー、カニクリームコロッケといえば”洋食屋”である。これらのメニューを食べられる(×食べれる)場所は、町の洋食屋以外にはファミレスしか思いつかない。

先日熱海に戻った際に、祖母が僕に手渡した一枚のメモ。「浅草 ビーフシチュー 佐久良」と書いてあった。テレビで下町特があると必ずメモをし、腰も足も悪い自分の代わりに、僕に食べに行くように”お勧め”を控えておいてくれるのである。以前も、上野の駅前「黒船屋」というビーフシチューが旨い店を教えてくれた。ちょっとお値段高めだった気がする。

そんなこんなで、いってきました江戸っ子の本丸へ。浅草寺の丁度すぐ裏にあたる場所に、その「佐久良」はあった。ネットでは14:00までとなっていたが、お邪魔したのは14:20。でも、気前よく迎え入れてくれた。ハンバーグも肉汁最高にうまく、ビーフシチューはトロントロンである。浅草といえば洋食屋「ヨシカミ」だと口々に言うが、ここも素敵であった。

浅草といえば、浅草寺の直ぐ横にあるのが僕が1度も行った事のない魅惑のスポット「花やしき」。この「花やしき」は、以前2004年に当時の運営会社が会社更生法を申請し、現在はバンダイナムコホールディングスの子会社”バンプレスト”の子会社である”株式会社花やしき”が事業を継承しているという。この場所を建て直すに当たり、まず最初に改善したのが”化粧室”だという記事をどこかで見た。今日はそれを確認すべく入ろうと思ったが、チャリティイベントの日で入場料はお客様が決める日という触れ込みで大混雑のため断念。トイレだけも見ればよかった。その代わりに、浅草六区にある「スマートボール屋」へ。写真はそのスマートボール屋での一枚。

2006/10/05

フォーラムも無事終了

昨日10月4日は9月からの司会としての仕事としては大規模なフォーラム「IT Venture Alliance Forum2006」の開催日であった。13:30からスタートのこのフォーラムは、告知段階で大きくアナウンスせず人脈を伝っての口コミだけで仕掛けてきた。参加した方の多くが成長しているベンチャー企業の経営者や役員の方々であり、そうでない方も大企業の協業窓口の方だったり素敵なキャピタリストなど総勢300人以上。

結婚式でもフォーラムでも、司会として”話す側”と”お客様”という関係は変わらないので、お客様が司会者にとらわれず知らず知らずにマーガリンのように滑らかに進行できるかどうかが最重要ポイント。今回は、冒頭で「IT Venture アラアラ Alliance Forum 2006 」と噛んでしまった以外は、順調に進めることができたかと思う。もちのろんで個人的反省点は随所にある。挙げたら3時間は話が終わらないね。

参加された方々は休憩時間になると基本的に紹介し合い名刺交換。このような場から次のビッグビジネスが生まれることだってこれまでも沢山あった訳で、自分が見ている光景がそのビッグビジネスの種火になっているかも知れないのである。この会の詳細の内容は後日”CNET”で公開されるだろう。13:30から18:00までのフォーラムを原稿にするって物凄い大変だろうと想像するが、想像を絶する事は間違いない。

兎にも角にもイベント自体は大成功。交流会も盛況に終わった。ベンチャーの集まりでここまで志が高い人々が一同に集まるイベントはここ最近無かった中、その会の少しでも役に立てたことが嬉しい。    あっ!でもねアバラは今日も痛いです。

2006/10/02

ランタナという花でした

前回のお花の名前は「ランタナ」だと友人のMamikoさんから教えていただいた。ありがとう。ランタナ・・・・素晴しい花だ。
しかし、この花は綺麗だな。Googleで調べればかなりいろいろな種類のランタナが見れる。ちなみに、僕の一番好きな花はヒマワリ。東京の家にはヒマワリ君が一輪飾ってある。

昨日日曜日はアメフトの試合。スコア18?20で負け。前日IBMは27?24で逆転勝ちだったから、こちらもいけるかと思ったが届かず。個人的には完敗。試合前から、相手チームのコーチ陣からすっごい視線を感じていて、マークがキツそうだなと思ったら、やはり試合中もチェック厳しかった。それを振り回せなかった事が悔しい。

試合後に素晴しき再会が。仙台からわざわざ試合を観に来てくれた友人達。折角来てくれたのに、小生のパチンコRunを見せる事ができなくて申し訳ない。元IBM&元法政で伝説的なCB(コーナーバック)であった現在名古屋にいるMakotoも来てくれた。彼は僕が尊敬するフットボーラーの1人である。速くて低いタックルは高校時代の関東大会から見ているが大学で闘って本当に凄いと思った。そして同じチームで共に副将もしたなぁ。今は脳みそが揺れちゃうのでやりたくても出来ないようだから、その分僕が燃えてみようと思っている。キャラは結構僕と被るので一緒にいるとアホがウツる。

あーーーっ!負けて自分にムカつくから、頑張りますよ。今週は、イベントの司会もあるので、体調万全でいかないと!

でも、肋骨がメチャクチャ痛い。あははは。いててて。