2006/08/28

クリーニング屋というプロの仕事

毎週何度かはスーツを着る。木曜日金曜日だけにとらわれず着る機会があるので、必然とYシャツも必要である。そして、最近僕の日課となりつつあるのがアイロンがけ。クリーニング屋に出しているにも関わらず、僕の日課がアイロンがけ。そして毎回呟くのが「まったくこりゃプロの仕事という意識があるのかね?」である。

クリーニングの気持ちいい所は、ビニールを破ってクリーニング屋さんの管理する紙をチギッて「バリっ!」としたシャツに袖を通すところであろう。人はともかく少なくとも僕はそうである。

以前赤坂ARKヒルズに勤めていた時、電話をしながら万年筆をくるくる回していた。そうクルクルと。電話が終って気ガつくと僕のYシャツは星が降ったように大小物凄い和の黒点がついていた。周りは笑いに反して僕は「お気に入りのシャツが!!!」と焦った。直ぐに余りもののTシャツに着替えて、右往左往しながら近くのクリーニング屋を見つけ飛び込んだ。「すいません!僕のシャツが大変な事に!」と黒雨にうたれたようなシャツを店員さんに見せた。 店員さんは苦笑いを浮かべながら一言「お客さん、コレは無理ですよ」と一言。もうこれまでかと諦めて帰ろうとした、とっ!!!その瞬間店員さんが

お客さん!僕らもプロだ。コレ預けてみない?ちょっと挑戦してみよう」という。なんだか、侍モノのドラマのようだ。そして、一週間後オフィスまで綺麗にインク抜きされたYシャツが届いた。ダメもとでやった仕事だからお金は要らないと電話で言われたが、そうは行かないとお菓子を沢山買い込んで届けに行った。一つ一つ気合でとったという笑いながら言うその店員さんの仕事への姿勢に「これがプロの仕事」を見た。

今朝もアイロンがけ。僕が今出しているクリーニング屋さんの出来上がりのYシャツは、ビニールを破って紙をちぎって広げると、、、、、、皺だらけだからである。皺というか、脇の下あたりはグチャグチャに畳んだ感じで襟は見事に皺々している。最近は出す回数を減らして家で洗濯・アイロンがけ。こっちの方が数段いいのだが、水臭クなる可能性が高い。。。。。。うー悩み多し

2 件のコメント:

よっちゃん さんのコメント...

素晴らしい!!!! 
感動するプロの仕事!
これぞまさに職人芸!!
自分もこうありたいね。

KODAMAN さんのコメント...

こんど僕が出しているクリーニングからの出来上がりをお見せします。すごいから!まじすごいから!シワシワー