2006/08/10

輪島の○一

翻訳の仕事の合間、、、新しいソフトをダウンロードしなくてはならないのでその合間の日記記帳。今日先日から何度かお邪魔しているDJのプロダクションに呼び出されて行ってきました。その内容とはADとしてある番組で働いてみないかという内容。詳細や人的移動等まだ未確定要素が多いので後日明確になった段階でまた報告します。

とにもかくにも話したいのは金沢のぶらり旅二日目。
その日は早起きして「輪島」に行きました。早起きした理由はほかでもない「輪島の朝市」に参加するためである。でも、、、、、、、遠かった。地図でみればたった金沢から6センチ。でも実際はバスで二時間。。。。着いたのはお昼。すぐに朝市へ向かったがあっちこっちで店じまい。朝市を10%くらい楽しめたくらい。でも、この町は綺麗だし海に面しているし(でも暑いけど)最高だーてことで散歩散歩散歩。

朝市のならびに○一とかいてワイチとよぶ通りがあってここは最近話題の通りらしくおしゃれな店がならんでいる。中でも輪島塗食器でいただくカフェやデザートを出すお店は雰囲気から茶器からうれしくさせてくれた。また、観光地を避けるならここ!という鳳至上町というエリアは、子供たちが溝を覗き込んでザリガニを取っている場面をみれたりと東京では味わえぬ「古きよき夏休み」を感じることができた。

また、海辺には密輸や密入国などに関する注意書きが書いてあってなるほど北朝鮮に近かったり、人攫いが多かったりする地域だけに見れる注意書きだなと改めて納得した。夜は金沢で寿司。最高にうまかったが板さんの上からものを言ってくる姿勢に江戸っ子は暑さにやられて5時間後に憤慨。

1 件のコメント:

Isoppu さんのコメント...

板さんに憤慨って、、、?!
今度の練習で聞かせてください。