2006/07/18

アフリカンアメリカンの英語の難しさ

風邪が思ったほど長引き、熱も出て先週の日曜日は家で痺れていました。咳から高熱になるとは、自分の体調管理に気をつけていたにも関わらず情けない限りである。

実はいま、ある方からお誘いをうけアフリカンアメリカンのインタビューの翻訳をやらせていただいている。これが物凄い難しくて、スラングバリバリのために実際に直訳すると大変なことになる。それこそジダン頭突きを起こしかねない内容だったりする時もある。だから、ニュアンスでとって和訳をするしかない。本文を聞きながら翻訳を見て「ちょっと違うなぁ」と思うのと、実際にやるのとでは大違いである。ふぃー。

さぁてそんなことを考えながら、夕方の放送に行ってくる事にする。今日の課題は、自分のテンションを2時間番組の中で一定に維持できるかどうかである。恥ずかしながら、前回は後半にのんびりした曲を流したこともあって、自分自身ものんびりしてしまった。これではプロとはいえません。高いテンションを維持すること!これ大事。

0 件のコメント: