2006/07/01

児玉ファンド

児玉ファンド。我が家に最近登場した言葉。ファンドとは、投資家から資金を集め運用し、そこで生まれた利益を投資家に戻していく。我が家では投資家は祖母。運用を委託されるのは児玉務、つまり僕である。祖母から受けた資金を元に、パチンコに挑戦しそこで勝つことができれば、その時決めた%で戻していくというもの。

最初の投資額は10000円。コレを2時間弱で150%にして戻す。祖母は家にいて、5000円利益を得る。二回目の挑戦。今回は120%で、ボーナス後のパチンコ挑戦ということもあり、今回は利率低めで契約。実際に12000円にして戻していく。3回目も120%。残念ながら、インサイダー情報などはあるわけがなく、大損ぶっこき丸で多額の損失を生み出した。

4000億というお金を運用していた村上ファンド。最高のパフォーマンスをだすところには、巨額な資金があつまる。なんとしてでもプラスにしなければならないという使命感が、あの結果を生んだのかは不明だが、人のお金を預かってなんとかしなければならないというのは、規模は違っても祖母と僕の間にある信頼関係の中で非常に重くのしかかっていた。3回目で損失を出してしまった僕に、もう一度、「投資してください」とはなかなか言い出しにくい。

ちなみに、我が家はみんなギャンブル下手。祖父の「悩んでいる時、頭を空っぽにしたいときはパチンコ!」という中学生時代に言われた言葉を信じ、たまに二時間位いくだけである。空っぽになるどころか、負けるとめちゃめちゃ悩みますぞ。

1 件のコメント:

DJおむ さんのコメント...

自分もたまに競馬(メインレースのみ)をやるけれど、大勝したことが無いのでやはりギャンブル下手かもしれない^^;