2006/05/12

資格試験

4月に、パートナー契約している先の証券会社から証券外務員2種を受けるよう促され昨日受けに行った。受験場所は、なんとアメリカで僕が散々お世話になった「アールプロメトリク」。ここはTOEFL他国家試験なども受けれる場所で、証券外務員の試験もここで行われた。 IBM時代、社内の研修や社内資格はたくさん受けたけど、本質的なものは身についているものの、「資格」として持てる資格は受けていなかったので社外的な資格試験は初体験となる。 陸上検定1級というのを持っているが、これ意味ないだろう。

この証券外務員試験2種、証券会社に入社した新人さんが2週間くらい勉強して受けるテストである。比較的簡単といわれているのだが、5月1日から「新会社法」が導入された事もあり僕的には今回の試験は結構難しかった。何せ「机に向かって勉強」が大の苦手。というよりも、勉強の仕方を知らない。苦手な「債券」「投資法人関連」は薄めに勉強していたのに、テストでは「債券」と「投資法人」に関する問題がたっぷり出てくる。正直お手上げだったぜ。結果は月曜日。受かったら1種も取る方向。世の中一般に言われている資格試験に関する僕の認識は、「持つ」ことに意味があるのではなく、「その知識を得ること」に重要な意味があると思う。MBAだって、持っていても知識として生かせなければ意味が無いということと一緒だと思う。

某ラジオ局のオーディションの結果発表は5月20日までにメールで来るらしい。落ちた場合は来ない。

5 件のコメント:

Kawakami さんのコメント...

もう8年も前のことだから忘れたけど、
証券外務員試験て何気に難しい。。。
今は、実務に慣れたから何てことはないが、
ルールが変わっていくので大変ちゃ大変。

ちなみに、
「債権」じゃなくて「債券」だす。
俺も、入社直後の人事部との面接で、
「債権部が希望です!」って自信満々に
言っていた。
結果的に、配属された先は「債券部」だった。
よく配属されたものだ。
面接相手は人事部長だったのに。

KODAMAN さんのコメント...

川上さん 早速直しておきます。不良債権と使うが債券の方だった。悔しい。 でも試験受かりました。一次もいくよ!

kawakami さんのコメント...

敬語使われると恐縮です。
俺、認識されてないね。
元立教男児(?)、同級だった川上ですよ。

KODAMAN さんのコメント...

川上~そんなこたぁ1000年も前からガッテン承知の助だぜ!一応ネットだから敬語使っておいた。 というのが本音です。

よっちゃん さんのコメント...

その資格俺も取ったよ。もう、5年位前かな。その後に管理者資格ってのも取ったけども、今ほとんど使えてるのかいまいち不明。
ただ、結構頭使ったのは事実だった気がする。