2006/05/10

犬のオナラ

僕んちの犬とじゃれていると、時たまぷーんとクサいときがある。これスカしっ屁である。人間と同じ食べ物を食べているだけに、結構物凄い。可愛い可愛いと顔をくっつけている時にこれをされるとかなり「萎える」。

ここで、最近のパーソナリティとしての活動を報告。ラジオ放送も早3ヶ月が経過して、いまだ1人立ちが出来ている状況ではないのだが、読み物の量も増えて番組開始からの30分間はワンマン放送を想定してのミキサーもやらしてもらっている。そして今週日曜日は1時間半の番組をワンマン放送する。とはいえ、内容は、交通と天気と音楽というシンプルな構成なので、個性を出せる場所といえば最初のフリートークだけとなる。何事も一所懸命やらないと次に繋がらないから「ビシッ!」とやらないと。先日ある会で、現在某Key局で番組をもち、某大手お笑い系プロダクション所属の方とお会いして話を聞いた。プロで活動しているとはいえ、毎回毎回沢山反省する事があるという。当然かもしれないけど、プロの世界だからこそ求められる物が多く色々な課題点が出てくるのだろう。 

僕はといえば、今はテンポを重要視して番組に取り組んでいる。ニュース読みでは、次のニュースへ切り替えるテンポ。フリートークのテンポ。このテンポとは、「間」と「読むSpeed」などなど。テンポを上げると、べシャリで読み違えが増える。だからと丁寧に読みすぎても、全体のテンポが悪く番組としての流れを切る事になる。「早すぎず遅すぎず。でも、全体のテンポは良く。」 僕のアナウンス力は全然向上しません。

面白いカールコスプレ写真がもう一個出てきたので貼り付けておこう。

0 件のコメント: