2006/04/24

タッチダウンの快感

システムエラーで書き込めなかった昨日の日記。(今日はこれから放送してきます)

昨日の試合は痛くなかった。余りタックルされた覚えがないのだが、翌日の今日は物凄い痛い。衝撃というものの怖さだとおもうが、これだけ衝撃って蓄積されるんだなぁと体と相談中。今熱海に戻ったから、温泉でリラックスするつもり。昨日は3年ぶりにタッチダウンを取りましたよ。あと、反則で取り消しになったけど、40ヤード位独走の幻のタッチダウンなども。でも何が一番面白かったって、タックルされた後の敵チームの選手との会話。「児玉さん!IBMから消えたと思ったら、ここで復活したんですねー!?」と相手。「あっそうなんですよ。よろしくお願いしまーす。」。「前に試合やった時にいらっしゃいましたもんね」と敵。「そうそう!いやーアメフト面白いね!」と僕。こんな紳士的な会話がプレー終了後の次のハドルまでに取り交わされる。覚えている人はいるもんだねと。。。

試合は逆転負け。「格下だから負けてはいけない」という段階でチームとして負けていたのだろうと思う。帰り道、大井競馬場駅まで25分間歩きながら強いチームと弱いチームの違いは何だろうかと考えて見た。まぁ其れはここで書く事ではなくて、チームに還元する事だから秋には反映していくつもり。

ちなみに23日日曜日の昨日から、熱海では花火大会が始まった。年間17回位開催される熱海の花火大会、次回は5月21日20:20から。熱海の花火はその日最後の「空中ナイアガラ」というのが見ものだ。時間あれば是非お越しくださいませ。

0 件のコメント: