2006/04/18

竹林からの便り


僕の熱海の実家の竹林。この竹林から春の便りがとどきました。 一目瞭然ですね。そう、筍です。ここに写っている3本は我が家用であり、このほかにもダンボールいっぱい(15本以上)の筍が取れました。よく見ればあちらこちらに生えている竹の子だが、竹林を育てるために何本かはそのまま育成します。竹の子はあっという間に育ってしまってしまうから、ここは一つ、一本の竹の子を観測していく事にします。ご存知の人は多いと思うが、竹の子にオスとメスがあるという。  上の写真の竹の子はオス。下の3本はメス。見分け方は竹の子のてっぺんの色だとか。

僕はこんなにナチュラリストだったかと思うくらいこの町には木々や花々が咲いています。。  
最近では朝方はこれも竹林の奥で鶯がないています。まだ若い鶯の鳴き声は疑問系の「ホーホケキョ?」。僕の携帯に入っている鶯の鳴き声を聞かせてやるとホケキョ!と会話してきます。 焦ってみてもしょうがないとこうやって自然に目を向ける事も自分を穏やかにさせる手かもしれませんね。

0 件のコメント: