2006/03/26

真打登場

金曜日はベンチャーキャピタルの方々と夕飯を一緒にする。環境が人を変えることなどを熱く語りながら、真面目な話に飽きてしまった僕は話をくだらない方へくだらない方へと転換していく。くだらない方というのは下ネタだったりする。 しばらくぶりに会う仲間には色々な変化があり、僕自身にも変化がある。それぞれが互いに刺激しあいながらそれぞれの人生に色をつけている。「百花繚乱」とでもいうのだろう。

”真打登場”という言葉がある。落語の世界では、前座、二つ目を経て「真打」になる訳だが、ここまで来るのにトンでもない年月を要すると二つ目の落語家さんから以前お話を伺った。

昨日土曜日、1人で「春風亭一朝一門会」という落語の会を聞きに行った。春風亭一朝氏は、故)春風亭柳朝の一番弟子にして春風亭小朝さんの兄弟子。今まで、真打の落語を生で聞いた事がない僕としては、先日の落語イベントで噺をしてくださった二人の噺家さんのお師匠一朝さんの話を聞けるということで超興奮していた。今日の落語のネタは古典の代表的作品「三枚起請」。以前も書いたが「笑いたくて来ている人を笑わせる」という事は本当に難しいと思う。更に既に何度も聞いて知っている話なのだ。でも、気がつけば僕は腹を抱えて大笑い海岸。真打の”技”を目の当たりにすることができて感激だ。

テレビで有名な林家正蔵。昔の名である”林家こぶ平”といえば分るだろう。この人の落語は素晴らしいという話をあちらこちらで聞く。ブラウン管の彼しか知らない僕は、今猛烈にこの人の落語を聞いてみたい。

2 件のコメント:

いそっぷ さんのコメント...

林家正蔵の落語は何年か前に浅草へ聞きに行きましたけど、所詮は親の七光り、、、という自分の思い込みは気持ちのよいくらい裏切られましたよー。日本の伝統芸能って面白いんだなぁ、って感心した覚えが。

KODAMAN さんのコメント...

いそっぷさん やっぱり凄いのか。ネットでチェックしたら結構寄席を開いているみたいで、春風亭小朝さんと一緒にやっている機会も多そうだから行ってみることにします。