2006/02/10

SAD

僕にとっての新語「SAD」。 これSocial Anxiety Disorderの略で、社会不安障害というものらしい。人前で発表するとか知らない人と会話するなどの際に普通の人よりも「強い不安」を感じ生活に支障をきたす事らしい。 まぁそもそも論、普通の人がどのくらい緊張するのか不安になるのかを他の人と比べれないのに、何を持って強い不安というのか? 誰だって緊張しますよねー。単に対人においての行動の中で、得意不得意という枠を超えた範囲でSADという言葉が適用されるのか、されないのか分りかねるが、TVのCMでもSADが取りざたされているのは事実。 こういう人をNegativeな言葉で縛ってしまうような表現には毎度なんともいえないモヤモヤした気持ちになる。 RHS(亭主在宅恐怖症)とかも取り上げたけど、もっとなんか、こう、前向きになれる奴ないのかな~。  
この状態になるとSADから脱出してラテン系盛り上がりを見せます!みたいなものが。。。。

本当に言葉って怖い。 逆に言葉って本当に凄いってことだが。

1 件のコメント:

ダマ さんのコメント...

それにしても省略されてSADって、それこそ本当に悲しい病気ですねぇ。でも、最近は何かしらにつけ何とか症状とかってなってさぁ。すぐに病人扱いだね。病んでるな、世の中。