2006/02/14

一年前と一年後

ブログは「日記」であり、自分がこれまで何を考え、何をしてきたかが分るとても便利なものだ。 

今日は2月14日。1年前の今日自分は何をしていて、なにを考えていたか? 

1年前僕はカリフォルニアラジオ局のKPFAでインターンとして始めて仕事した。ドキドキしていたそうだ。

1年後の今日、僕は熱海のラジオ局CIAOで初めてラジオのDJとして原稿を読ませてもらった。ドキドキしていた。

でも、今も昔もその緊張感を楽しんでいる。 一年前の言葉をそのまま使うなら

「何事も最初の緊張感が最高だ。ある種麻薬的な作用があると思う。」 

チョコレートアレルギーの僕にとって最も関係のないイベント「バレンタイン」は何かが始まる重要な日のようだ。

0 件のコメント: