2006/02/28

今日の放送はどうよ?

今日の放送は昨日の歯軋りのお陰で顎が痛くても、段々と良くなってきたと思える内容。 まだ声のトーンとスピードが安定さに欠けるのだが、安定してくればニュースも読ませてもらえるとの事。 番組終了後スタジオが一つ空いているのでミキサーの練習につぐ練習。4回目は安定させて次行こ!

オーディション用に準備してきた内容をとりあえず二社ほどに送った。あとは運だろうなぁ。 履歴書に自分をわかりやすく表現するためにキャッチフレーズをつけてみた。 昔はサラリーマン 目指すはパーソナリティっていう事で「パーソナリーマン」。 一見ダサいが声に出して読んでみてもダサい。このダサさが「カッコいい」を駆逐する日が来るのだろう。。。。か? 
 実るほど 頭を垂れる 稲穂かな

某落語イベントで司会をするために現在自宅で着物着付け練習中。 女性よりは男性の着付けは楽だ。

サッカーの実況が聞こえてくる。 ボスニアの選手 イグリチッチ ブラダビッチ ぼくはナイチッチ。  

2006/02/27

アンビリーバブル表参道

25日はあちきの誕生日会を表参道近くの大先輩が経営するレストランで友人に開いてもらった。気の置けない仲間たちとの会は大して気を使わないのでとーってもリラックスできた。

その会の3時間前。僕は表参道の街角に佇み表参道ヒルズ周辺の人の多さに圧倒されていた。通りの両サイドの歩行道路はまるで有料の高速道路のくせにいつも渋滞している箱崎ジャンクションバリにゆーっくりもぞもぞ人が動いていた。そんな表参道ヒルズの前にでっかい目立つ車を発見。 この車は120%間違いなく私の友人「Yaccoさん」の車であり、ここに車があるということはこの辺に出没しているという証拠でもあった。 車の前で連絡をしてみると、この辺りでギャラリーを開催中とのことで早速ウェンディーズ裏のピンクのビル3Fに足を運ぶ。 そこは一面ピンク色ピンク色ピンク色。時にダンサー、時に芸術家である彼女のARTに圧巻され思わずTシャツを買ってしまった。

表参道ヒルズ。。。。 次が旧防衛庁にできる何とかヒルズ。閑静な場所にあっという間にビルが建ち人が流れ込んでくる。 ポイントは如何に観光客を囲い込むかだろうか。いつも思うのだが、外国からの観光客向けにもっと東京都の観光局やInformation Centerを充実したほうがいいと思う。 あっ表参道ヒルズ行くの忘れてた。

明日の放送を控えて今日は3月の落語イベントの司会の仕事のため、出演する落語家のネタおろし(お客様の前で初めて話すネタ)を聞きに上野へ。上野には200Mの距離の間に2つも演芸ホールがあることを始めて知った。 いやー落語面白い。

2006/02/23

私の履歴書

目の前の山の入り口には正門と裏門があるとして、業界へのアプローチにあたり正門はオーディションだとするならまず動いていかないとダメだろう。

ということで、そのために、履歴書を書き上げているのだが、6セット(履歴書と職務履歴書)のうち3セットを作り上げたところで、ふと「修正液ってどうなの?」という疑問が突然浮かんできた。 何せ、新卒の就職活動なんて10年前のことだからその辺りの事をすっかり忘れていたのだ。 ネットで調べると「修正液はご法度!」とどこの就職活動サイト見ても書いてある。 

「人生を賭ける履歴書を丁寧に書くのに修正液が必要なわけがない!」という意見はまさに「おっしゃるとおり!」である。 そうそう当然だと思いながら自分の履歴書を改めて見ると半日かけて作った3セット中2セットに修正液が! あっちのもこっちの小さいところにも、、、、、、、、  くぅ 2セット書き直しだ。  残り5セット。
ゆっくり丁寧にやっと書き上げた一枚をみて「よしっ!」と失敗作と成功作が混ざらないように失敗作を破り捨てる。 ん?何か悪い予感が。気ガつくと、最初の成功作の1枚を破り捨てていた。  これで残り5セット。 半日たって全く進んでない。

一日一歩三日で三歩。三歩進んで三歩下がるるるるー。とほほ

2006/02/22

僕の天気予報読み反省

21日火曜日は朝からCiao!(FM熱海湯河原)で天気予報と交通情報。 僕がお世話になっている人は、某コミュニティFM局を立ち上げた経験を持ち、首都圏のラジオでも以前ディレクターをやっていた。だから当然のように、これまで集めてきた情報のその先の情報を色々教えてくれる。正直これから挑戦しようとしている世界へ未経験で31歳で挑戦するということの難しさを痛感する様々な情報であるのだが、なんでなのだろう?きっと僕はマゾなのだろう。 そういう話を聞けば聞くほど僕の心はワクワクしてくるのであります。 

今日の天気予報・交通情報は前回の緊張を取り払い「リスナーに情報を的確にわかりやすく」が課題。当然といえば当然であるが、つい初見で物凄い情報量に圧倒されてしまうと、大事な事を見落としてしまう。だから基本から。いくらフリートークが強いとはいえ、こういう基礎を求められるオーディションもあるという。 又、近い将来に自分の番組を持てる実力を備える為に、早い段階で課題をクリアしていかないと。   今日終了後の課題は、フリートークのテンションを天気予報で如何に保ているようになるか。  学校では学べないものがここには沢山ある。

今後面白いビジネスの話がいくつかある。それは、今後のお楽しみ。

 

2006/02/19

全身写真と誕生日


Birthday cardを友人から頂いたので、この場を借りて有難う御座います。 31歳になりました。 今だに無職で御座いますが、目指す職に向かって一歩一歩歩めているとは思っています。

御礼もそこそこに本題。 2月18日の誕生日、彼女の招待を受け僕が人生で一番美味しいと思った中華料理(特にマーボ豆腐)を食べに六本木の某お店へ。最近知ったのだが、ここの料理長は中国で最年少で国最高位の調理人資格“特級技師”の資格を取得した人だという。知名度よりも資格よりも料理人は味で勝負なのだろう。このお店の料理には本当にビックリさせられる。 感謝感謝。

誕生日当日の午後。私は、この後のオーディション用の「全身写真」なるものを撮りに高田馬場のお店に足を運んだ。モデルでもあるまいし、こんな経験は初めてであった。 スーツと普段着の二パターンで「はい!いいですねー」とパシパシとってくれるのだが、モデルの人ってよくカメラの前で素晴らしい笑顔が作れるものだと関心する。僕の笑顔は超変態的だった。 これから色々と活動目標を立てたので動いていくわけで、そんな中1度だけ記念だとおもってタレントのオーディションというのも受けてみる事にした。30歳はすでに過去! 今年は31歳が激熱!

2006/02/17

便利な携帯音楽検索


ラーメン屋にて「あっ!この曲なんていうんだろう?」 と思ったとき、それがラジオではなくて有線かお店の人のCDかわからないから調べられないということが稀にある。 まぁ ラーメン屋に限った話ではないのだが。あるでしょ? あるはず。

先日ラーメン屋で僕は探していた知りたい曲に出合った。 結局わからないままフレーズだけを覚えて店を出たのだが、そのとき横にいる彼女が「携帯で検索できるんだよ!」と一言。
えっ? いったいどうやって?  彼女いわく、あるサイトから電話をかけて通話中のその携帯に「知りたい曲」を聞かせるだけで後はあっちのシステムが勝手に調べてくれるということなのだ。

なんて便利!

ということで、早速そのサイトから電話をかけて、三越前の通りを歩きながら先ほど覚えたフレーズを歌ってみた。「さよ~なら愛しい人~よ~ あなたが好きだった~」 と僕の願いよとどけとばかりに叫んだ。  結果は、 機械君「・・・・・」  
「・・・・・・・ん?反応ないな!んじゃもう一回!!」 歌ってみた。 すると、受話器の向こうから一言「原曲を録音してください。」  「・・・・・・歌っちまった・・・・」  

偽者U2にサインをもらってドキドキした時くらい恥ずかしい一瞬だった。

2006/02/15

僕へのパイプラインマネージメント

今日が15日だからあと3日。そう2月18日に僕は31歳になる。 ちなみにこの誕生日は家の父方の祖父と同じ誕生日であり、それが理由だからだろうか? 自分には日本を元気にする宿命があるなどと勘違いしている節もある。 大きなこと言っていても今の身分はフリーターな訳である。

海外から帰国してはや半年が経過し、身の回りに動きはあって、自分自身動いていても、いつまでたってもフリーターな自分に腹が立つ今日この頃というか今日。 何とか前向きにがんばって行きたくても、目の前にある山の入り口にさえ辿り着けていないような。 暗中模索で匍匐全身をしながら、「この先にいったい何か本当に見えるものがあるのだろうか?」と不安がまったく無いわけでは無いのである。 

これからのDJに求められることを知り、ラジオの業界の事を知っても、 オーディションの情報収集や制作のKeyPersonに確実にアプローチできているわけではない。自分は一体何をしているんだ。。。。。 がっくし 肩落とし うちへとぼとぼ。。


ふー少しすっきりした。 なんだか久方ぶりに弱音を吐いたらすっきりした気分。 この手のActionを経験してきた部長や課長といった上司がいない今、自分自身で切り開いていかないといけないんだよこだまちゃん! と再確認。 まだまだ手詰まりな訳ではないでしょう? お願いするのが友人・知人だからと遠慮していた部分もあるわけで、もっとハングルいやハングリーに行かないとダメだな俺。山の入り口前で弱音はいているようでは人と今の日本を元気にするなど不可能だ! もっと具体的に具体的に具体的にAction Planを考えないと。 考えながら動かないと。 ううううううううううううううう!

そうは行っても自分1人では限界があるので、なんかアイディアあったらメールください。

2006/02/14

一年前と一年後

ブログは「日記」であり、自分がこれまで何を考え、何をしてきたかが分るとても便利なものだ。 

今日は2月14日。1年前の今日自分は何をしていて、なにを考えていたか? 

1年前僕はカリフォルニアラジオ局のKPFAでインターンとして始めて仕事した。ドキドキしていたそうだ。

1年後の今日、僕は熱海のラジオ局CIAOで初めてラジオのDJとして原稿を読ませてもらった。ドキドキしていた。

でも、今も昔もその緊張感を楽しんでいる。 一年前の言葉をそのまま使うなら

「何事も最初の緊張感が最高だ。ある種麻薬的な作用があると思う。」 

チョコレートアレルギーの僕にとって最も関係のないイベント「バレンタイン」は何かが始まる重要な日のようだ。

2006/02/13

眼鏡きたー

30歳でアメフトに復活する馬鹿がどこにいるんだろう?と思った。ここにいた。全身筋肉痛だけど、其れが心地よい。新しいTeamに参加して、今までとはまた違った雰囲気だから色々発見する事もあり、2006年は面白そうだ。やはり今年は「精神研磨」だ。

熱海桜が咲き始めたようだ。熱海の梅園の梅も開花しているようで、この町には週末観光客が多い。梅は梅でいい味があるから是非是非お越しください。

眼鏡がきた。激しい!町を歩いていて、間違えなく視線を感じる。BARに行っても女性には可愛いといわれ、男性には凄い!といわれる。そんな一点ものGETした事が嬉しいのだが、この眼鏡を買ったお店には目ずらし眼鏡がたくさんおいており、他のブランドのものでは、間違いなく世界であなた一つだけの眼鏡が作れる事を知った。 フランスのブランドらしく、フレームとイヤーの色・形の選択だけでなく、フレームに埋め込む石の色から数、場所に至るまで選べるという事だそうだ。これからは「眼鏡ブランド」にとらわれず、「人からどう見られているかではなく、自分をどう表現したいか?」をより追求する眼鏡にさらに注目されることだろう。

近々眼鏡写真貼り付けよう!

2006/02/10

SAD

僕にとっての新語「SAD」。 これSocial Anxiety Disorderの略で、社会不安障害というものらしい。人前で発表するとか知らない人と会話するなどの際に普通の人よりも「強い不安」を感じ生活に支障をきたす事らしい。 まぁそもそも論、普通の人がどのくらい緊張するのか不安になるのかを他の人と比べれないのに、何を持って強い不安というのか? 誰だって緊張しますよねー。単に対人においての行動の中で、得意不得意という枠を超えた範囲でSADという言葉が適用されるのか、されないのか分りかねるが、TVのCMでもSADが取りざたされているのは事実。 こういう人をNegativeな言葉で縛ってしまうような表現には毎度なんともいえないモヤモヤした気持ちになる。 RHS(亭主在宅恐怖症)とかも取り上げたけど、もっとなんか、こう、前向きになれる奴ないのかな~。  
この状態になるとSADから脱出してラテン系盛り上がりを見せます!みたいなものが。。。。

本当に言葉って怖い。 逆に言葉って本当に凄いってことだが。

2006/02/08

PODCAST PART3

ポッドキャスト「三枚のお札」Upしました。

モノマネ初挑戦。

2006/02/07

天気予報/交通情報

Community FM放送局CIAO!76.9Mhzで研修が始まった。朝7時スタジオ入りで7:30からの帯番組の勉強。生放送の緊張感と久々にラジオのスタジオにいるという興奮であっという間に終了。そして、来週からこの2時間半の間に3~4回登場する天気予報と交通情報を読ませていただけることになった。ということで、師匠と共に番組終了後、練習につぐ練習。 天気予報や交通情報など今まで聞く側に徹していたためこの難しさを全く知らなかった。 僕にとってこの天気交通関連の原稿読みは物凄い高いハードルでなる。メディアで働いてきた家族の言う事にゃ、これが「基本」だと。Free talkよりも何よりもまずはこの基本ができないとダメ!と。基本なくして応用をやっているといずれボロが出る。ここぞで踏ん張りが利かないだろう。
これがアメフトのRBで言うところの、コーンを使ったカットの練習だろうか。まずは基本だーー!と思って、んだんだ! やるべ! やるべ!と思っている。んだんだ! 

やはりこうやって放送局に携わっていないよりはいた方がいいし、喋らないよりも喋らせてもらえる機会があれば進んでやらせてもらう方が絶対いいにきまっている。 こんな事そういえば、アメリカのラジオ局に勤め始めた時に書いた気ガする。今はそれと同じ状況。また一つ刺激的経験ができるので児玉感激!

現在PODCAST編集中。残念ながら余りの強風が熱海を襲っているため音が入ってしまっており再収録必要。。

  

2006/02/06

Muscle pain

 筋肉2(痛)。というのも、昨日から、東亜建設のアメフトTeam「クレーンズ」のシーズンインに参加してきたからだ。30才になってアメフトの復活する事に関しては大した事とは全く思っていない。とはいえ、BigBlueには戻れないだろうと思い色々探していた中で手を差し伸べてくれたのがこのTeamであった訳である。 BigBlueを辞めるときは、会社を辞める事を目的に退部したので、体に問題があった訳ではない。でも筋肉は物凄い痛い。あっちこっちつりまくっている。 このTeamに求められているKeywordに「エンターテイメント」がある。ビッグブルーの元エンタメ部長だっただけにここで頑張ろうと思う。
 
 明日7日から、FM熱海湯河原での活動が始まる。内心楽しみ。 

2006/02/03

I'm crazy

MDに入っている僕のラジオ番組DEMOをCD-ROMに落とすために友人のMr.Oの家へ。音楽制作活動で着実に実績を上げ一歩一歩がんばっているこの友人の家は家兼Studioである。近々乃木坂あたりへOFFICEを構えるようだ。DEMO作成に使わせていただくことで合意。(だよね?)

「身近な物に変化を与えるが今年は良い」などという知り合いの言葉に乗って、
何か変えてみようと思い、青山の珍しい眼鏡を多く取り扱っている某眼鏡店へ。 

僕:「これ普通だなぁ」
店員:「一般的には一応は個性的といわれているんです」
僕「これ ちょっと変わってますね」
店員:「これは 結構変わった人が買われますねー」
僕:「僕が探しているのは「Crazy」なやつなんだよなー」
店員:「どれも 結構Crazyですよ!」
僕:「これ 最高ですね」
店員:「これ 似合う人ぜんぜんいないんですよ。Crazyすぎて。。カッコいいんですけどね」
僕:「これ 買います」
店員:「Crazyですね!」
僕:「はい!Crazyです!」

ということで、日本でもわかる限りこの店でしか扱ってない一点ものを購入。いずれご紹介。

2006/02/01

キングボンビー

兄にも「ニート」と呼ばれている今日この頃でございますが、皆さんにお変わりございませんか? こちらは、風邪を引きまして本来なら今日PODCAST第3弾を収録するつもりが無理でございます。2月7日から熱海のラジオ局で勉強させていただくので、前日に熱海帰郷した際に第3弾を作ろうと思います。

ワイは猿や! プロゴルファー猿や! と言ったプロゴルファー猿の言葉を思い出しました。そうです、僕は猿です。一介の猿でしかございません。根拠のない自信を捨て去って、もっともっと地道にがんばろうと思います。 

そういえば昨日の会合でひとつのKeywordを見つけました。ラジオのDJはスペシャリティが必要であること。そのスペシャリティを高めながらその一方でラジオのDJとして喋っている位の個性が必要だということ。自分に置き換えてみたらなんだろうか? ITベンチャー業界の事、ベンチャースピリッツのことなど理解して、2000人以上もの起業家とお会いしてインタビューをしてきた事なのかもしれない。英語やスペイン語は正直自分にとって仕事以外での場所の活用方法に意味があるのでどうでもいいかもしれない。アメフト? アメフトよりは陸上でのメンタルタフネストレーニングに関する知識・経験に活路があるかもしれない。競合他社優位性を考えて磨かないとね。ピッカピカにね。もっと人と会おう。

ブログとはそもそも人のためではなく、こうやって自分自身を文章にして見つめなおすことに意味があるのだなぁと改めて今日も実感しておりやす。 

おおおおーーーーー 仕事してーーー。

自分自身が一番見えにくい

ラジオの学校が本日で無事終了した。ここでいう無事は何事も無く終わったと言う事になる。総評として今回のクラスはレベルが高かったとはいえある程度の高いレベルではあったという事にしか過ぎない。何故なら、僕らが受講している同時期にそのプロダクションは新人DJをオーディション募集している事からもうかがえる。ビターテイストね!

学校が終了したその2時間後、プロのDJの方と夕食をご一緒させていただき、話を伺う中でさらに自分自身の未熟さに腹が立つ。

ってな事を考えているが、暗中模索の中で同じようにDJを目指す同志に巡り合えた貴重な時間であったのでとても良かったし、そうか!ネガティブになる必要がないといま感じた。ほふく前進が今年のキーワードだと再認識して、アメフトでストレス発散してスペイン語勉強しよう。あっ!壁のぼろう。気分が少し落ちた時壁登りはすごくいい。これオススメ。