2005/11/30

RHS

嘗てやっていたアメフト。人生で一番長く時間を割いたのがこのアメフトで、こいつに少し興味を持ち出した。ちょっとやってみたいかなぁという感じなのである。でも、来年陸上競技100Mも挑戦したいのである。今だ10秒台で走る事ができるだろうか?という自分への挑戦の意味で。今は駅伝の季節だから、短距離は春に大会がある。大会というか、記録会とかでいいから出たいなぁと思っている。

そうそう、僕の親友”かつ”は既にアメリカでのフットボール生活を目指しLAに旅立った。 もう1人のフットボーラー リキヤは一体どこにいるんだろか? とにかく、周りで頑張っている奴がいるので、僕も自分に負けないで鍛錬する。横隔膜を鍛える。

この前雑誌クーリエで面白い記事を見た。 僕が嫌いな”Negativeな言葉が人を縛る”にクリティカルヒットする言葉が登場していた。 それは、RHS。これ何の略かというと、Retired Husband Syndorome(在宅主人ストレス症候群)。 2007年までに定年を迎える人々が700万人とも言われるこのご時世。最近はドラマ”熟年離婚”なども放送されていて、5人に1人が65歳以上という状況にある我が国日本には無視できないテーマである。 RHS。。。それは退職した旦那さんが家にいて、あーだのこーだの小言を言う事にストレスを感じる事で奥様方の精神的、肉体的に悪い症状が出るという事だという。 悲しい事に我が家には父親がいない。でも、何十年もあまり家にいない父親がある日から突然毎日毎日家で酒を飲み、小言を言っている風景は想像すると少し恐ろしい気ガする。 投資の指数であるEVA(経済付加価値)MVA(市場付加価値)も大事だけどRHSも大事。なんたって、ここ10年で熟年離婚の数は2倍以上に膨れ上がっているんだから。

0 件のコメント: