2005/10/19

まんが日本昔ばなし

いよいよ今日の夕方から再放送がきまった「まんが日本昔ばなし」。 1400話以上もあるという記事を読んだ。日本には「花か爺さん」「桃太郎」からはじまり本当に様々な物語があって、ここから学んだことは多いので、今の子供達にも共通に学べる事がたくさんあるとおもう。市原悦子さんのナレーションは真似できるもんでないもんな。ある意味、ドラえもんの声は大山のぶよさん的な強いイメージだな。 カクいう僕も、FMラジオから「語り」を面白い形で提供したら面白いかなと思っていた矢先なので、大変嬉しい。 やっぱり韓国ブームより、和がいいなぁ。

茶と栗と柿とふを一緒に売りさばこうとおもってちゃっくりかきふーー ちゃっくりかきふーーーって言って歩く人が主人公の「ちゃっくりかきふ」やもち米を買いに行ったが売れず、帰り道に雪が降っているからと地蔵さんにカサをつけてあげる「傘地蔵」などもう1度読みたいとおもわない? 僕は思う。 

改めてのことだが、日本に帰ってビックリしたことの一つに「韓流ブーム」がある。 韓国のドラマとか人気らしいのだが、ブームとか嫌いだから全く興味ないが、イさんとぺさんは知っている。 総理大臣が「靖国」参拝をすれば、顔のポスターに火をつけて燃やす。 ある本の裏表紙に「日本はいつまで謝り続ければいいのだろうか?」と書いてあった。 謝っても謝りきれないこともあるだろうけど、日の丸に火をつけられたり、大使館や和食レストランが急襲されるのにはこっちだって気分はよくないんだよなぁー。

0 件のコメント: