2005/09/11

ナレーター研修

北海道の写真5枚アップ。(そのうちベルリンとバルセロナの写真をアップ予定)

そういえば、北海道行く前のナレーター研修の報告してなかった。 9月3日は声で仕事をしていきたいと願う僕の始めての研修。半日とはいえ、ラジオNikkeiが開くこのナレーター講習は評判がいいらしく、溜池山王のオフィスに行く前からドキドキしつつも、興奮していた。 新しいことを始める第一歩の音がまるで聞こえてくるみたい。

お昼過ぎから始まるも、少し緊張していたのと声出すのにおなか一杯だと楽器としていい音が出ないだろうということで、パン一つで済ませて、スタジオへ。 ざっと集まったのは15人くらいいただろうか。 JRA競馬の場内放送担当、あがり症を治したい女性、シニアアクタースクールの生徒、元放送局のアナウンサーなどなど様々。とここで、自己紹介もそこそこに ハーゲンダッツのCMのナレーションの吹き込みをみんなすることになる。 なんも分らない中でまずは吹き込み、講習の最後に改めて吹き込みなおすものと比較するというスタイルなのだそうだ。
やわらかい口どけ つづく香り ハーゲンダッツバニラ もう1度恋に落ちた このたった一行のキャッチコピーを読むのが本当に難しい。 その後、改めての自己紹介をして、発声練習。3時間発声練習。ものすごい大変だった。自分は腹から声出ているとはいえ、長時間となるときわめて難しい。これをプロはやる。だから僕も鍛えないと。

講習は19:30まで延長し、一人一人のナレーションをチェックしてみるのだが、これが楽しい。トレーニング前と後での声の距離感、幅などが全く違っていて、最初は下手だった人の声が、うまーくCMに溶け合って絶妙な組み合わせになっているのだ。この数秒の声で商売をするっていう事の大変さを実感した日であった。

0 件のコメント: