2005/07/06

Budapest in Hungary Day-1 & Day-2

ハンガリーはトルコに占領されていたり、ハプスブルグ家繁栄の時代にはオーストリアと一緒だったり、第二次世界大戦中はドイツの傘下に入り、大戦後はソ連に占領され1989年まで共産主義国だった国だ。温泉街として有名であると共に、ブダとペストという川を挟んだ町並みは「ドナウの薔薇」と呼ばれ川沿いは僕の大好きな言葉である”世界遺産”だ。数々の国の支配下に置かれたこの国は、崩壊と再興を繰りかえし、至る所の建物に鉄砲で攻撃された穴があり、今尚戦後の復興を感じさせる

Day1--ブダペストのケレティ駅にはVienne(Wien)から3時間で到着。電車内では、3回以上もパスポポートチェックがあったりと結構大変だ。なんたって、スロバキアを経由するもんだから。まずは、散歩。世界遺産に登録されている大通りを通って英雄広場へ。嘗てココのエリアにはナチスが本部を置いたという。歴史ある古い建物が並ぶとおりを進むと、英雄広場に到着。このの近くにはペスト側最大のセーチェ二温泉があるということで行ってみたものの、海水パンツとタオルをもっていないためピックアップしにホテルへ戻る。ピックアップ終了後、ブダ側の温泉に行くも閉鎖中。別の場所に行くも17時でClose. 温泉にはいれねぇーーーー。 
Day2- 昨日風呂に入れなかったので, 朝からLukacs温泉へ、その後ブダ側の丘の上の王宮などを観光。教会や建築物は何世紀にも渡る破壊に新たな建築様式での立て直しのため大変複雑な見た目になっている。この街で一日を過ごしたのだが、なんといっても500年前に作られたという王宮地下迷路が僕を魅了してやまなかった。ランプを借りて小一時間迷宮を探索。是非このWEB観てくださいな。http://www.labirintus.com <-- Please check it out!

0 件のコメント: