2005/06/21

バチカン市国

本日早起きでバチカン市国。人口1000人の世界で最も小さい国。 おおおーーテレビで見たことある景色が目前の広がるなか、先日死去された法王のお墓を見学の後、ミケランジェロの最後の審判を見ることができた。 

世界遺産めぐりの旅は、支柱を持たない聖堂として世界1のサンピエトロ大聖堂およびスペインはジローナの聖堂の二つを見ることができ、かつあっちゃこっちゃでスペイン語で会話をしているため、毎回「あれスペイン語話せるの?」なんてことから結構お店の兄ちゃんと会話弾んだりしている。

大雨に降られたトッティの結婚式から始まって、コロッセオ、フォロロマーノ、トレビの泉、スペイン広場の階段と長年イタリア行ったら見たいなーと思っていたものを見れて感動の涙がちょちょぎれ。ちょちょぎれ気味なのは暑さで脱水症状なのかも。。。というくらい暑い暑い。

最高に笑ったのは、ローマのホテルでチェックインにあたり、僕の予約がないと一騒動。なんだかんだ、調べた後わかったことは、僕が7月19日からの予約を入れていたこと。でもお値段そのままで提供してくれることになり西城秀樹ばりに秀樹感激。でもキャンセル料とられているっつーーの。

明日22日はいよいよ梅園との別れの日。彼はミラノへ戻る。そして僕は、、、、ナポリ!!ナポリを見ずして死ねずの言葉が本当かどうか確認してくる。 その後は、、、、いよいよ第4カ国目のギリシャ。ちなみに3カ国目はバチカン。

0 件のコメント: