2005/05/21

寝台特急

セビーヤへは本日22時にバルセロナのサンツ駅から経つ予定。11時間の旅なので、ベット席を取った。イタリアやギリシャには電車で行きたいなぁと思っている。南仏のどこかの駅で降りてもいいかなぁなんて思っている。これって、沢木さんの寝台特急に似ているのだろうか。彼の場合は、アジアからヨーロッパに入ったんだっけな。日本に帰ったら、ドンキホーテと寝台特急を読みたい。

ヨーロッパへの興味は、河童の見たヨーロッパという本から得た。この本は文章も手書きそのままで記載されていて、様々な国の様々な風景も描かれていて、本自体がヨーロッパっぽいなぁと思った本だ。帰ったらもう一度読んでみよう。

友人のメールに、成熟したヨーロッパというような表現があった。そう、きっとこの国はもうお爺ちゃんなのだろう。年をとると、安定したのどかな生活を求める。だからいろいろなものがゆっくり。日本はきっと40歳くらいなのだろう。ちょっと疲れたけどでもまだがんばらないと。アメリカは、20歳の若者かな。時たま切れて喧嘩を吹っかけるあたり。そして中国。この国は、輪廻転生を4000年の間繰り返し、いよいよ改めて赤ちゃんとして生まれ成長していくというところだろうか。まぁ、よく分からん例えだがまぁこんな感じでゆっくりとした時間をスペインで過ごし、再起動して日本で働こう。

0 件のコメント: