2005/05/15

独りウルルン滞在記

今日は最高の日だった。まさにお金に返られない経験を得た。友人と共に行くはずだったダリ生誕の地「フィゲレス」。ここにこの周辺にあるダリミュージアムの一つがある。先週電車であった日本に興味のある18歳の若者JESUS君と待ち合わせをして単独フィゲレスへ。ダリミュージアムの前で2時間後に待ち合わせをして、ダリ美術館へヘスス君も強引に誘って入る。

ダリ美術館の写真は後日アップする予定だが、その後ご飯のお誘いを彼の内で食べようということでフェゲレスから20分ほど電車で北上したところにある自然に囲まれた町LLANCAを訪問。周りは山と海に囲まれたきれいな町で間違いなく観光客はほとんどいないといえる町だった。先週彼のお母さんにも会っていたので、自宅に気持ちよく迎え入れられ少し遅めのお昼をいただく。ここで食べたスペインのソーセージ「サンチチョン」の味が忘れられない。彼の家には、スペインで実際に使われていたといわれる本物の刀が日本刀のように飾られ、ブルースリーが大好きでヌンチャクがおいてあった。家の前の林の前でヌンチャク披露されたが、これが本当にすごい。自分が試して頭にゴンとあたったときは死ぬかと思った。 こちらも太極拳やタップダンスを披露しその後、彼の友人宅へ。こちらでは、突撃訪問が当然だそうでもちろん突撃訪問。これまた、Amigas、Amigoはミーンナ日本の何かしらに興味があるのだが、少しシャイですごい気を使ってくれていたのが分かった。いつの間にやらスペインの人々に囲まれて、6人でワイワイ近くのビーチへ。そこには小さな町に広がる見たことも無い絶景が広がり、観光客としてだけでは味わえない興奮を味わうことが出来た。みんなで小さな町の小さなかわいい駅に見送りに来てくれて、かなり感激している。毎日が最高だが、今日は最高だ。

0 件のコメント: