2005/04/25

オーラ!パエーヤ!

美味しいものを来週にと、アメリカ生活同様自炊してやろうとハムとパンとマヨを買った。一人旅って結構自由でいいと思ったが、どこで何を食べても食事だけは結構寂しいものがある。仕事上、1人で食べる時も多くて、其れはそれで慣れても、海外で入り口のカウンターに大勢人がいるバルに入るのは気が引けてしょうがなかった。 情報ゲットのためいろいろなサイトを見ると、一人旅は人が思うより孤独で、中には1人でしりとりやってしまう人もいるようだ。しかし、一方で「バルセロアナは食事が旨い!!」ともある。このまま、びくびくしていたら、これから行くかもしれぬモロッコやポルトガル、イタリアでもハムサンドで終る。。。それは、やばすぎる!そして、ビビっている証拠だ。

思い出せ!!日本で「結構危ない!」と言われた様々な場所に、何か面白い事あるかと思って1人で飛び込んでいったことを!

ってことで、大げさな表現ではあるがTAPASに飛び込んできた。頼んだのは、オニオングラタンスープと海鮮バエーヤ(パエリア)そして、カタルーニャ地方のデザート クリームブリュレ。うまし! パエーヤは少しオリーブオイル効きすぎだったが、全体として日本人の口にあうといわれるように良い感じだった。明日から学校。ホテルは別の安ホテルを25日から4日間取れた。それ以降は又探す。

今日のスペイン語。「お会計お願いします!」の「Me cobra, per fabor」を何を間違えたか、「guapo!」(ハンサム!)と言ってしまった。でも、食べれたし会計も終えた。これでいいのだ!

0 件のコメント: