2005/04/29

ボカディージョとチュッパチャップス

ホテルで20回ワイアレスインターネットチャレンジしてもつなげなかったのに、今パスポート番号を聞いてくるところで、ゼロの代わりにOを入れたらつなげれた!今までゼロと英語のOを間違えていたみたい。この9年間くらい。。。。アホだな。

少し、バルセロナについて話したい。ここは、スペインでもカタルーニャといって、俗に言う、スペイン語(カステジャーノ)とは又違った言語(方言よりもっと独立している感じ)をもっている。街には、スペイン語表記と共にカタルーニャンが表記されていて、似たような似てないようなで見ていて面白い。外人が日本で日本語はなすと喜ばれますな。。。そんな感じで僕もココで楽しくスペイン語とボディーランゲージで会話している。スタバでコーヒーを頼む時に、名前は?と聞かれて「Japon(ハポン)」といって店の人々と大笑いしたりしている。ココには、英語を学ぶ必要が無い国の人々が来ているので、アメリカで会える可能性の低い国の人々と会う機会を得る事ができて、僕にとって非常に価値ある。そして、ちゃんと英語が役に立っている。
少し食べ物の話、、主題のボカディージョは、こちらで言うサンドウィッチでフランスパン風の硬いパンの生ハムのサンドウィッチはスペインを代表する食べ物だそうだ。いたるところで買えて、どれも旨い。生ハムだが、こちらではブタの足丸ごと吊るして売っている。そうそう、知る人は知っているのだが、「チュッパチャップス」というアメは、バルセロナに本社を持ち、あのデザインはダリがデザインしたのだそうだ。観光案内に書いてあったが、面白い内容なので日記に書いてみた。明日の風はどんな風だろう。

0 件のコメント: