2005/02/19

分るかなー僕の声が??

今日は二回目の吹き込みのチャンスをもらった。今回は、CUBA革命関連のため吹き込む際には「スパニッシュ訛りで!」という命令が下された。その後、突然ミーティングルームに呼びだしをくらった。とそこには、大勢の人が集まっていて中心に美味しそうなケーキ。たった5日間しかいないのに、みんなから歌とカードのお祝いをいただき、受付のアンナさんにはハグされて体全体包み込まれてしまった。誕生日の日に自分の声がラジオで聞けることは最高のプレゼントだから放送を聴くため自宅に戻る。何度もダメだしくらったので、出来上がりかなりいけているだろうと思っていたのだが、聞いてびっくりインド訛り。なんじゃそりゃ!

”自分のためのパーティ”というシチュエーションが苦手なので、何事もなく家で”一人もんじゃ焼き”。さぁて眠ろうかというところに、同じ苗字を持つ児玉ちゃんからTEL。「だめだよ、誕生日なんだから何かしなきゃ!」と外に連れ出され、ツインピークスへ。4回目にしてやっときれいな夜景を見ることができた。その後リトルイタリーにてSFで一番旨いティラミスをご馳走になった。マスカルポーネの旨さに10回死亡。チョコアレジーだとかはこの際忘れて、マスカルさんと戯れる。

明日は別の友人から、オークランドの禅寺における表千家のお茶のお誘いを受けた。人々の優しさに触れる事のできる記憶に残る誕生日になった。 カードを送ってくれた皆さんありがとう。

0 件のコメント: