2005/02/09

インタボー

僕のインターンコーディネーターが、いろいろ手伝ってくれたおかげでPublic radio stationのインタビューを木曜日に受ける事が決まった。 現在インターンは募集してないらしいのだが、証券市場にいてタップダンスやってラジオのDJへのキャリアチェンジを考えている人間とは一体?と興味をもってくれたみたいで、インターンインタビューだけでなく、ラジオ局の中を案内してくれる事になった。

このラジオ局は、以前大手ラジオ局が買収に乗り出した時に、ラジオ局のドアをロックして進入禁止にし、木の上から2週間もRadio放送をしたという1946年開業のバークレーの左よりの放送局。日本でいうと左といえば共産主義的なイメージがあるが、こちらでの”左”はより自由主義だ。だからTalkの内容も”人種差別”だったり”反Bush的な内容”だったりと、アメリカの別の面を見る上で勉強になると思う。

本当いろいろな人に助けられて人っていうのは生きているんだなー。と感じるまもなく30歳になる僕。2月18日は祖父と同じ誕生日。祖父に一歩でも近づける様に、頑張ろうっと。そういえば、先日TOEFLのPBTで597点取れた。 600まであと3点だー。

0 件のコメント: