2004/09/10

行きつけの場所

人にとって必ず行きつけの場所というものが存在する。 それは、たとえば本屋だったり、居酒屋だったり、Barだったりする。時には、おねぇちゃんのクラブの行きつけなんていうのもある。 今日この日記をふと書こうと思った場所が、僕には行きつけの場所。 日記で書くのもなんだが、僕はトイレが近い。
ご飯を食べると、食事とデザートの間に行きたくなるくらい近い時もある。 多分腸が20センチくらいしかないんだと思う。(それってかなりストレート) そう僕はストレート。

そんな僕は、もちろん外食しても同じように近いのだが、こちらのお店はトイレを貸してくれないところも多い。 ほとんどのスターバックスは貸してくれない。 理由、ホームレスに利用されてしまうからなのと、長居してもらいたくないからだという。 だから、「いざ!出陣」となった時のためにさまざまな場所で使えるトイレを把握することもこの町では重要だろう。 これは日本でも重要だった。 ある意味生き残りをかけた戦いだからだ。 

ホテルのトイレは綺麗だしいいね。 心地がいいし質もいい。 鍵が壊れていてしまらないということも余りない。 僕の行きつけのトイレが、この町にはちゃんと存在しており、トイレは心強い見方。 ちょっと眠いので、かなりテンション高くめちゃくちゃ書いているような気がする。 おやすみ

0 件のコメント: