2004/09/28

日本食シック

よくこちらで、「Are you missing Japan?」聞かれる。 僕はいつもNoと答える。 いずれは日本に変えるのだから、そんなこと考えるよりもっと他の事考えていると。 でも、日記にも書いたとおり和菓子を頂いて「本物の日本の味」に触れてしまったことにより、日本の味が恋しくてたまらない。 黒糖きなこ寒天を買ったり、なんとなく、日本食シックである。 外で家庭の味を味わえないのなら自分で作ってしまえとばかりに、から揚げ(油物初挑戦)やクリームシチュー(日本製のシチューの元)を作ったりしている。 

ここ最近、日本での知人数名がこちら北カリフォルニアに滞在している。昨日は、かつて通産省(現経済産業省)出身先日まで外資系のコンサルティング会社で活躍されていた方とお茶をした。 官公庁出身の人で、これほど暑い魂とギャグをかませる人にあったことがない。

同日夕方、昨年今年とNFL Europe(ヨーロッパのアメフトリーグ)に選手として参加していた友人に会った。 Playerとしてタックルされたら僕は死んでしまうだろうが、友達として近くにいる分にはかえって安全だ。 現在はSan Joseにある高校でアメフトを教えているのだとか。 昨年まで関学でPlayしていた彼の後輩を紹介されて久々にショウもない会話をし笑った笑った。 

海外で再開することによる感動にはすごいものがある。 そして、10月いよいよ 僕の母親がはるか日本から海を渡ってアメリカ上陸。(もちろん飛行機だ) 何かすごいエナジーを感じている今日この頃である。

2004/09/23

・・・

いや書くことがないから書くわけじゃないんですよ。 僕にだって書きたくない事があるんだから。
しかーし、僕にとってのある意味ビッグイベントだったわけです今日という日は。 今日という日にタイトルをつけるなら、「・・・」しかない。 前回は8月23日に同様の気持ちになっている。。

免許のドライビング試験二度目の挑戦!--->> 「失敗」 僕はセンスがない。 小さなミスは3つだけ、大きなミスで一発不合格。 いやーあまくねぇなぁ。

2004/09/22

ありそうでない和菓子

先週土日、日本の友人が仕事の関係でSFにきた。 お土産にと頂いたのは、「和菓子」。 ドラ焼き! あんころ餅などなど、、、感動だ。この一年、なんと言うか日本の心というか、洗練された味というか、とにかく、どこの国にもない繊細な味を持つ和菓子。 最高だ。”涙ちょちょぎれ系感動のモンスーン気候”とでも表現すればいいだろう。週末の2日間こちらに滞在して、月曜日に日本に帰ってしまった。 お空でのお仕事はつらいだろうに。

11月はアメリカ大統領選。 日本でも華氏9/11が上映されているようだが見たヒトいるかな。 こちらでは、先日ブルーススプリングスティーンがブッシュ大統領再選反対ライブをブッシュ大統領を支持するテキサスで公演予定などという記事も出ている。 さらに、Fox newsチャンネルを大バッシングしている 「Out Foxed」という映画も上映されている。(この映画すでにOnlineでDVDを購入でできるのだ) Fox Newsは決してパブリックなニュースではなく、共和党からのプロパガンダであるといった内容だ。なかなか、考えさせるものがある。  

タップダンス、毎週月曜はこれを書かないと始まらない。 いろんなヒトが、これどうやるの?あれどうやるの?と質問してきてくれる。 ちょっとうれしい。 僕も分らないことばかりなのに。

2004/09/18

契約完了

San Franciscoに来てからちょうど一年が経った。 去年の今日は、Market street沿いのホテルで晩御飯にマフィンを食べていた。 お店の人に、Helloが言えなくて困った頃である。

そして、一年経った今日、僕は思いっきり風邪をひいている。今週水曜日に、風邪にもかかわらずジャグジーに入りサウナに入ったのが原因だろうな。まぁ一年間で2回しか体調不良を起こしていないのは、虚弱体質な僕においては珍しいことだ。 この日記を書いている今は、かなり調子が戻っている。

昨日、4つとなりのアパートの契約完了。2か月分のDepositを要求されたがそこは問題なくクリア。来週中に引越し完了させないと。 22日には、いよいよ二回目の免許のDriving試験が待っている。 

この一年間で自分が感じる成長といえば、ぺらぺらとはいえないけど会話ができるようになっていることと、試験に強くなっていることだろうか。人間的には、より穏やかなになりながらも、Yes Noをちゃんといえるようになっていること位だろう。これからの半年間でどこまで進歩できるかは、やはりどこまで自分にストイックになれるかだろう。 吸収できるものはできる限り吸収しよう。

2004/09/14

恐怖の扁桃腺

一昨日から扁桃腺が腫れていたい。 「扁桃腺よ!余り俺をなめるな!」ということで、本日痛み止めを飲んで、タップダンススクールへ。 思い返せば、扁桃腺が腫れた時は思いっきり汗をかくことによって治してきた気がする。 アメフトも、本当に体調悪い時は練習に行ったりしてたような、してないような。汗をかいた後、扁桃腺は痛くなくなっていた。一緒のクラスにいる、リンジーちゃんはとっても可愛い。メロン二つもっているくらい胸がでかい。今日やっと自己紹介できたので、思わず日記に書いてしまう程うれしい。

本日、新しい家を借りるための用紙に記載して、パスポートから昔の名刺、日本の銀行口座の残高記載用紙(日本語だったりする)をもっていった。管理者いわく「十分過ぎるほどのEvidenceね。」そりゃそうだ、こっちは確実に物件落としにかかっているのだから。

この日記で扁桃腺がなめすぎなので、僕は懲らしめてやったと書いて終わりたいのだが、なぜか段々この扁桃腺が又痛くなってきた。 痛み止めと抗生物質。 つまり、扁桃腺はなめると怖いようだ。


2004/09/11

決定!家さがし終了の時

たった一日で決定しちゃいました。 家。隣の隣の隣の隣のアパート。  決定の要因は、 部屋の番号が22番だということ。 僕のかつての背番号は22番。 これも何かの縁だろう。 いまからアプリケーションフォームとりにいって、今日は友人のアドリアーナと英語とスペイン語の勉強。 歯軋り激しく、頭が痛い。

2004/09/10

行きつけの場所

人にとって必ず行きつけの場所というものが存在する。 それは、たとえば本屋だったり、居酒屋だったり、Barだったりする。時には、おねぇちゃんのクラブの行きつけなんていうのもある。 今日この日記をふと書こうと思った場所が、僕には行きつけの場所。 日記で書くのもなんだが、僕はトイレが近い。
ご飯を食べると、食事とデザートの間に行きたくなるくらい近い時もある。 多分腸が20センチくらいしかないんだと思う。(それってかなりストレート) そう僕はストレート。

そんな僕は、もちろん外食しても同じように近いのだが、こちらのお店はトイレを貸してくれないところも多い。 ほとんどのスターバックスは貸してくれない。 理由、ホームレスに利用されてしまうからなのと、長居してもらいたくないからだという。 だから、「いざ!出陣」となった時のためにさまざまな場所で使えるトイレを把握することもこの町では重要だろう。 これは日本でも重要だった。 ある意味生き残りをかけた戦いだからだ。 

ホテルのトイレは綺麗だしいいね。 心地がいいし質もいい。 鍵が壊れていてしまらないということも余りない。 僕の行きつけのトイレが、この町にはちゃんと存在しており、トイレは心強い見方。 ちょっと眠いので、かなりテンション高くめちゃくちゃ書いているような気がする。 おやすみ

家探し途中報告

ここに来て家探し大変。 多くのアパートが1年間リースを希望してくる中、半年しかいない僕は結構断られることもしばしば。 今日は、知人の紹介で、SFでも都心からバスで約40分~50分のところになる、太平洋側のエリア(リッチモンド)のアパートを訪問。 アメリカ人が8人でシェアしているアパートは、自分の部屋は小さいものの英語を学ぶにはいい環境。 サーファーの家という感じだ。 お値段はかなり安い。  半ばこの家に決めかけて、後日返事することにしての帰り途中に、電話で違うアパートのオーナーから半年でOKとのオファーをいただいた。 なんとこの家、今の家のアパート3つどなりー。 しかも、バルコニーでタバコもすえちゃう。 日当たり良好で、引越しの手間いらず。 悩みどころだ。  1日に2時間近くも、バスに時間をとられるのは結構勘弁なのだ。(バスで本? 酔うでしょ) やっぱり僕は、シチーボーイなのかもしれない。 そして、結構家ではもの静か。 なんとなく方向性が見えてきた。

2004/09/07

本当にLUCKY

出会いは楽しい。
先日、Hip-HopのDancerと出会う機会を得た。 僕がタップダンスやブレイクダンスをやっていることに興味をもってくれたらしいのだが、やっぱりこういう人との出会いというのは本当にうれしい。 いままでは、英語を上手く話せないことに心の何処かでちょっとコンプレックスを持っていたのだが、ここに来て「もっと自分らしさを」という言葉に沿って活動しはじめた。さまざまな人と会えるためなら、どんなツールだって使う。インターネットだって、Streetだって、カフェだって。 多くの人と会って、いろいろな価値観を共有することが僕のこの旅の目的なんだから。

ワイナリーのNapaの少し上にある温泉の町「カリストーガ」、ここで働いているメキシカンの友人とも久々に会うことができた。 ものすごい情熱的な方で、スペイン語ももちろんぺらぺら。 語学学校で知り合いを作るより、1000倍楽しい。 学校はあくまでも学校。。それだけ。 


2004/09/03

さらば友よ

先日も記載したがいよいよ仲の良い日本人の友人数人が日本に帰ってしまった。実際には、二人はまだラスベガスで楽しんでいる。そして一人は大阪へ、一人は東京へ。 これで、いよいよ日本人の友達がごく少数になった。 すっごい淋しい気持ちもあるのだが、ある意味「ものすごいいい環境」といえるだろう。 オンラインゲームなんてやってないで「外へ!外へ!」。

マッキントッシュのipod(前に梅という友達が見せてくれた)を買おうかと思っている。 自炊生活すれば、お金かからないから、時にはこういうものに使うのもいいでしょう?

タップダンスだが、クラストップランクに来ている。 まだ自分でルーティンを作れないけど、やれといわれればほぼ完璧にできる。 みてろーーー!2008年オリンピック!