2004/07/31

夢のSF生活

日本からアメリカ人の友達が2ヶ月の滞在を終えて戻ってきた。 ソルトレイクからハウスメイト(というよりも家を貸してくださっている方)が火曜日に戻ってきた。 ネパールの友達が、BerkeleyのYMCAを追い出されてSFのユースホステルに1ヶ月間滞在することになった。 むむむ! 楽しい日々の予感。  本日、このネパーリアンがSFに引っ越すということでその手伝いをした。 今日から住む彼のホステルは、彼のスペイン人の友達の一押しで、1泊18$だという。 しかも、男女共同部屋ということで、彼の期待も広がっていた。 「このSFで俺はすばらしい生活をおくる!」 なんていっている位だ。 ダウンタウンからも近く、2人でそのユースホステルへ。  ホームレスのたくさんいる通りを抜けて、少し人通りの少ない危険な雰囲気の道を歩きたどり着いたその場所にあるのは、小さい赤と黒の建物。 「えっこれがホステルか?」 セキュリティーがしっかりしているのか、インターホンがある。 押してみよう。 ピンポーン♪ あら自動でOpen。 誰でも入れるようだ。 扉を開けば、二階への長い階段。 いきなり階段かよ! あがってみてわかるくさい臭いと狭さ。 案内された部屋には、狭い部屋に2段ベッドが2つ。 男女共同の部屋と期待して入ったら、男性が一人ベッドでびろーんと伸びていた。 夢も希望もない部屋だ。 荷物を置いてすぐに外出。 狭くて息が詰まる。
外に出て友人が一言「明日 俺SFのYMCAに移る!」。 お前さんざんYMCAの悪口いってただろう!

ということで、早くも楽しんでいる。 日本は暑いと聞いている。 湿気とかすごいのかな? こちら湿気が無くて困っている。

0 件のコメント: